ビビッとBリーグ

BリーグやWリーグ・バスケットに関する情報をお届けします

BリーグのBGM・テーマソングを紹介!ダンスミュージックが似合う

time 2018/06/11

BリーグのBGM・テーマソングを紹介!ダンスミュージックが似合う

バスケットボールというと、「ストリート」なイメージを持つ方もいるのではないでしょうか。

3 on 3の大会ではダンスミュージックをBGMに試合を行うなど、サブカル的な一面も見れます。
(個人的に、HIP HOPとの相性は抜群だと思っています)

もちろんBリーグにもテーマソングがありますので紹介します。

こちらもどうぞ↓
Bリーグのチーム数や由来は?日本のバスケットリーグに迫る!

スポンサーリンク

2016-2017年テーマソング


(http://mora.jp/artist/716962/)

Bリーグが始まった2016-2017年シーズンは、「ShuuKaRen」の『Take-A-Shot! feat. PKCZ®』がテーマソングとなっていました。

フィーチャリングしている「PKCZ®」については後ほど説明します。

【ShuuKaRenプロフィール】
大阪府出身の「実の姉妹2人」によるユニットです。
それぞれE-girlsに在籍し高い人気を誇る中心メンバーです。
姉の藤井萩花は「Flower」、妹の藤井夏恋は「Happiness」のメンバーとしても才能を発揮しています。
また、姉妹で女性ファッション誌「JJ」の専属モデルとしても活躍しています。

ShuuKaRen 「Take-A-Shot! feat. PKCZ®」

今回の楽曲は、パフォーマーである藤井萩花が初のヴォーカルに挑戦し、藤井夏恋は定評のあるRAPスキルを更に磨き、それぞれの魅力が絡み合った楽曲に仕上がっています。

楽曲に対するShuuKaRenのコメントは次の通りです。

バスケットボールをプレイしている姿や試合の風景をイメージしてレコーディングを行い、B.LEAGUEを盛り上げるために歌詞にバスケ用語が入ったりしてるので、皆さんにも一緒に盛り上がっていただきたいです!

B.LEAGUEを見ている方やバスケットボールをしている皆様にその想いが伝われば良いなと思っています。

見ている人も一緒に歌ってもらえたり、みなさんの応援歌になれたら嬉しいです!
(https://www.bleague.jp/music/)

2017-2018年テーマソング


(https://goo.gl/VVDF3H)

2017-2018年シーズンのテーマソングは、「FlowBack」の『BREAKOUT』です。

【FlowBackプロフィール】
夢を追いかけながら、数々のオーディションを受ける中で奇跡的に出会った「MASAHARU、TATSUKI、MARK、REIJI、JUDAI」の5人が意気投合し、自らの手で新たな波を起こすべく「逆流」という意味の、『FlowBack』というグループ名を掲げ2013年に結成されたダンス&ボーカルグループです。
2014年に開催された「LINE オーディション」では、応募総数125,094組の中からファイナリスト(8組)に選出され一気に注目を集め、2016年9月にメジャーデビューします。
クリエイティブ集団「Digz,Inc.Group」のトッププロデューサー陣が手掛ける楽曲は、そのクオリティの高さから話題を呼び、ライブパフォーマンスも女子高生を中心に話題となっています。

FlowBack 『BREAKOUT』Music Video

FlowBackは次のようにコメントしています。

B.LEAGUE 2017‐18 SEASON公式テーマソングを担当することになりましたFlowBackです。

B.LEAGUEが発足した、昨年にメジャーデビューし、メンバーの数もバスケットボールのスタメンと同じく5人です。

日頃は歌って踊っていますが、学生時代にはバスケットボールに熱中していたメンバーもいます。こうして、テーマソングを担当させて頂くことになり、とても嬉しく思います。

FlowBackの歩みは常に「挑戦者」精神です。多くの挑戦をしてく中で、壁にもぶつかりますが、ファンと共にもっと大きな世界に挑んでいきたいと思っています。

そこは選手とファンの皆さんの関係とも通ずるのではないかと思います。

フィールドは違っても、同じ”目標”に向かって立ち向かう選手に僕達は音楽でエールを送りたいです!

2年目のB.L EAGUEを一緒に盛り上げられたらと思っています!
(https://www.bleague.jp/music/)

スポンサーリンク

OFFICIAL ANTHEM


(http://www.pkcz.jp/)

Bリーグの公式アンセムは、「PKCZ®」の『BREAK THE BORDER』です。

PKCZ®(Primal Knowledge ChamberZ)は「ピーケーシーズ」と読みます。

【PKCZ®プロフィール】
HIRO(EXILE)、DJ MAKIDAI(EXILE)、VERBAL (m-flo)、DJ DARUMA(元DEXPISTOLS)が中心となり、音楽やデザイン等、様々なジャンルでのプロデュースを通じ、新しいムーブメントを起こすべく結成されたクリエイティブチームです。
その活動は、国内アーティストはもちろん、「JANET JACKSON」、「AFROJACK」など、様々な海外アーティストとのコラボレーションもしています。
2015年には、日本最大級のハロウィンイベントを横浜アリーナで開催したり、「PKCZ GALLERY STORE」もオープンし大話題を呼んでいます。

PKCZ®「BREAK THE BORDER」

PKCZ®は次のようにコメントしています。

話をいただいた時に、幅広い層の方々が盛り上がれるようにNBA等の音源をリサーチしつつも、それを超えるものをつくりたいと思いました。

ダイナミックで壮大に、且つB.LEAGUEのスローガンでもある”BREAK THE BORDER”をイメージしながら、新しい世界に踏み切っていく日本バスケットボール界の気合を楽曲に注入できたと思います。

今後TVや会場、バスケットボールファンの方々の日常など、様々な場面で愛聴していただけることを願っています。
(https://www.bleague.jp/music/)

まとめ

今回は、Bリーグのテーマソングについてお届けしました。

どれもカッコイイ曲ばかり!

体育館に響く「キュッ」というバッシュの音も良いですが、ノリの良いBGMを流してのバスケットボールも違った雰囲気で良いですね!

新しいシーズンと共に、どんな楽曲が生まれるのか楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

down

コメントする




この記事のトラックバック用URL