Bリーグのチーム数や由来は?日本のバスケットリーグに迫る!

2016年秋に開幕した『Bリーグ』

最近では野球やサッカーだけではなく、バスケットの観戦も人気が上がっており、SNS等で見ることも多くなりましたね。

そこで、今回はBリーグのチーム数や由来、Bリーグ開幕までの経緯を紹介します。

Bリーグ開幕までの経緯

はじめに、Bリーグ開幕までの経緯を説明します。

Bリーグとは、『公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボール』という正式名称で、日本の男子プロバスケットボールのトップリーグのことをいいます。

Bリーグは2016年に開幕しましたが、それまでは日本の男子プロバスケットボールのリーグは、「NBL」と「bjリーグ」の2つがありました。

しかし、1つのリーグに統合しなければオリンピックや国際試合に出場させることはできないと、国際バスケットボール連盟(FIBA)から通告をされます。

なんとかしてリーグを統合しなければ、2020年に行われる東京オリンピックへの出場も不可能になってしまうというところまで追い込まれてしまいました。

そこで、Jリーグ初代チェアマンである「川淵三郎」さんにリーグ統合を託し、2016年秋に開幕しました。

こちらがBリーグ公式サイトです→Bリーグ公式サイト

Bリーグのチーム分け

Bリーグは、プロチームのB1、B2、プロとノンプロが混ざっているB3の3つのカテゴリーに分かれています。

B1とB2は、「東地区・中地区・西地区」に分かれています。

B1 18チーム
B2 18チーム
B3 9チーム

計45チームになります。

スポンサーリンク

【東地区】チーム

●レバンガ北海道
レバンガ=がんばれの逆さ言葉で、応援し続けてもらえるようなチームに、という意味があります。

●秋田ノーザンハピネッツ
地元秋田のラグビーチームの秋田ノーザンブレッツの「ノーザン」と、一般公募で一番多く寄せられた「ハピネッツ」を合体したものです。
秋田に幸せと元気を与えたいという意味があります。

●仙台89ERS
仙台市誕生の1889年と、市政100周年の1989年に共通した「89」という仙台のシンボル的数字を取り入れ、チームと市民が一緒に戦うという意味があります。

●リンク栃木ブレックス
オーナー企業名の「リンク」は栃木全体に「つながり」を持たせたいという意味です。
ブレックス=ブレイクスルー(現状打破)の発展系です。

●千葉ジェッツ
ジェッツ=成田空港のシンボルジェット機から生み出された造語です。
千葉県民の夢と希望を乗せて世界に羽ばたけるチーム作りを目標としていることから「ジェッツ」が付きました。

●アルバルク東京
アルバルク=アラビア語で電撃という意味で、電光石火のようにコート上を駆け回るプレーを目指すために付けられました。

【中地区】チーム

●新潟アルビレックスBB
アルビレックス=青とオレンジに輝いている白鳥座の二重の星を意味する「アルビレオ」と、ラテン語で王者を意味する「レックス」を組み合わせてできました。

●富山グラウジーズ
グラウジーズは富山県鳥であるライチョウを意味する英語「グラウス」が由来になっています。

●日立サンロッカーズ東京渋谷
リングを太陽に見立てて、太陽を揺らすほどのダンクシュートを次々に決めるようなチームを目指すことから「サンロッカーズ」と付けられました。
オーナー企業が日立製作所です。

●川崎ブレイブサンダース
ブレイブサンダース=試合が決まる最後まで果敢に戦う戦士を意味しています。
オーナー企業は、東芝から DeNAへ変わっています。

●横浜ビー・コルセアーズ
ホームタウンが港町ということで、海賊を意味する「コルセアーズ」が付けられました。

●三遠ネオフェニックス
「ネオ」は新しいという意味を持つギリシャ語で、「フェニックス」は不死鳥を意味します。
新時代を不死鳥のように羽ばたいてほしいという気持ちが込められています。

スポンサーリンク

【西地区】チーム

●名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
光を放っている「ダイヤモンド」に、優雅に泳ぎ回るイルカのようにコートを駆け回ってほしいという願いから「ドルフィン」をミックスさせました。

●シーホース三河
親会社の相談役で長年バスケットを愛していた男性が辰年生まれだったことから、タツノオトシゴを意味する「シーホース」が付きました。

●大阪エヴェッサ
商売が上手くいく神様として大阪市民から支持を得ている「えべっさん」を発展させた言葉が「エヴェッサ」です。

●京都ハンナリーズ
京言葉「はんなり」が「ハンナリーズ」の由来で、バスケットを通じて京都文化を継承することを目指している。

●滋賀レイクスターズ
滋賀県には琵琶湖あり、湖を意味する英語「レイク」が付けられました。
星のように駆け回り滋賀県民といっしょに輝いてほしいという思いが込められている。

●琉球ゴールデンキングス
一般公募から採用された「琉球キングス」にキングを連想させる色でチームカラーであるゴールドを組み合わせてできました。

まとめ

Bリーグ発足により、日本のバスケットボール界が盛り上がっていくことと思います。

まだ歴史の浅いBリーグですが、どんなスター選手が出てくるのか楽しみですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です