バスケのダブルクラッチとは?やり方やコツ・効果的な練習方法も!

バスケットボールのシュートスキルで「ダブルクラッチ」という技があります。

試合観戦をしていると、「ダブルクラッチで相手をかわして決める!」なんて実況を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、

マイケル
マイケル

ダブルクラッチってどんな技でやり方は?どうやって練習したら効果的なの?

なんて疑問をお持ちのアナタのために、ダブルクラッチとはどんな技なのか、どう練習したらできるようになるかをまとめました!

この記事ではダブルクラッチの要点に絞って紹介していくので、読んで実践してもらうことで、ダブルクラッチの感覚が最短で身につくと思いますよ!

バスケのダブルクラッチとは?


(https://bit.ly/3FQpXdZ)

ダブルクラッチとはシュートの技術の1つで、シュートの際に相手をかわして打つシュートをダブルクラッチと言います。

それでは、どんな意味なのか、どんな技なのか見ていきましょう!

ダブルクラッチの意味は?

ダブルクラッチとは、2度つかむ(ダブル=2回 クラッチ=つかむ)という意味で、一度シュートモーションに入った手を下げ、逆の手に持ち替えてシュートすることを言います。

ダブルクラッチはどんな技?

どんな技でどんな意味かが分かりましたが、イメージが湧きにくいと思いますので、実際に動画を見てみましょう!

空中で相手をかわすシュートですので、見ている人は凄さを感じますよね!

しかし、こちらはNBA選手の身体能力があってこそできることなので、中学や高校生には同じような動きは難しいかもしれません。

ですが、試合で使えるようになると、身長で負けていても得点を取るチャンスが増えます!

バスケのダブルクラッチのやり方:コツは2つ!


(https://bit.ly/3qGMyUa)

ここでは、ダブルクラッチのコツを紹介します!

マイケル
マイケル

コツは2つあるよ!

ダブルクラッチのコツ

①ボールハンドリング力を身につける

②空中で止まるイメージを持つ

それでは、詳しく見ていきましょう!

コツ①:ボールハンドリング力を身につける

まず、シュートまで行く際にミスをしない、ボールハンドリング力を身につける必要があります。

特にダブルクラッチは、空中で2度ボールを持ち変えるためミスが多くなりがちです。

ですからミスが起こらないよう、ボール操作を身につけておくことが大切でしょう!

コツ②:空中で止まるイメージを持つ

もう1つは、空中で止まるイメージを持てることです。

ダブルクラッチは空中で相手をかわさないといけません。

その際に「空中で相手を確認しかわす」必要があります。

このときに跳び上がってすぐにボールを離してしまうと、ダブルクラッチになりません。

ですから、空中で判断できるように止まるイメージが必要です!

スポンサーリンク

バスケのダブルクラッチ:効果的な練習方法!


(https://bit.ly/3znjNzU)

次は、実際にダブルクラッチを行うために、どのような練習が必要かを紹介したいと思います。

マイケル
マイケル

効果的な練習方法は3つあるよ!

ダブルクラッチの練習方法

①ボールハンドリング

②ボールタップ

③スピードバックシュート

それぞれ見てみましょう!

練習方法①:ボールハンドリング

上でも紹介しましたが、「ハンドリング力」はとても重要です。

動画で紹介します。

このボールハンドリングはどれも重要です。

ミスすることなくボールを扱うことができると、ダブルクラッチに近づけるでしょう!

練習方法②:ボールタップ

上の動画のボールタップも大切ですが、次の「ボールタップ」もダブルクラッチには大切です。

日本の高校の伝統校「能代工業高校」の連続タップです。

この練習を行うことでコツでも紹介しましたが、空中で止まるイメージが身に付きます。

空中でボールを掴み、空中で離す。

①のボールハンドリングと②のボールタップを組み合わせることで、理想のダブルクラッチに近付きます。

練習方法③:スピードバックシュート

最後に、実際にシュートの状況を練習します。

よく試合前の練習でも目にする「レイアップシュートでバックシュート」を行います。

こちらの動画では通常のレイアップとバックのレイアップと両方していますが、バックのときにダブルクラッチをイメージして行うのが1番良いでしょう!

このような練習を繰り返し行うことで、ダブルクラッチが身につきます!

バスケのダブルクラッチ:女子でもできるの?

難易度が高いダブルクラッチを実際に目にすると、「やっぱり男子しかできないの?」なんて思われた女子もいることでしょう。

もちろん、筋力や身体能力で男子に勝てることは少ないかもしれません。

しかし、女子でもダブルクラッチはできます!

シュートに入る角度やタイミングでダブルクラッチの種類も変わります。

ですので、使える場面を変化させれば女子でもできる技術になります。

東京オリンピックでも「町田瑠唯」選手が使っていましたね!

スポンサーリンク

まとめ

・シュートの際に相手をかわして打つシュートをダブルクラッチという

・ダブルクラッチとは2度つかむ(ダブル=2回 クラッチ=つかむ)という意味である

・ボールハンドリング力を身につけ、空中で止まるイメージを持つことがコツである

・「ボールハンドリング・ボールタップ・スピードバックシュート」の練習が効果的である

・ダブルクラッチは女子でもできる

今回は、バスケットボールの技術の1つ「ダブルクラッチ」を紹介しました。

習得できると得点力が上がることは間違いありません。

特に世界的に見ても、身長の低い日本人は身に付けたい技術であります!

ぜひ、この記事を参考に練習に励んでみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ドリブルスキルの1つ「クロスオーバー」についてもどうぞ↓
バスケのクロスオーバーとは?極めるコツや効果的な練習方法も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。