Bリーグの日本人選手年俸ランキング!TOP10は誰!?

日本のバスケリーグと言えば、もちろん「Bリーグ」ですよね!

エキサイティングなプレーで楽しませてくれます!

そんなBリーグですが、

・日本人選手はどれくらい貰っているの?

・TOP10が知りたい!

なんて疑問をお持ちのアナタのために、Bリーグの日本人選手の年俸を調査・ランキング形式で紹介します!

Bリーグの年俸は非公開?

富樫選手の1億円契約はニュースにも取り上げられ話題になりましたが、基本的にBリーガーの年俸は公開されていません。

ですので、今回は独断で、チームへの勝利貢献度や知名度などを考慮して日本人選手の年俸ランキングを作成!

日本人選手の平均が約1,300万円程度とされていますが、トップ選手はどのくらい貰っているのでしょうか!?

では、いきましょう!

※今回は帰化選手はランキングに含みません。

1位:富樫勇樹選手


(https://bit.ly/3iAdLow)

ランキング1位は「富樫勇樹」選手で、推定年俸は1億円です。

日本バスケット界初の、1億円プレーヤです。

持ち前のスキルの高さと得点力でチームを勝利へ導き、日本を代表するガードとして世界でも活躍しています!

とある大学の名将が、

「日本人がバスケットで成功するにはガード選手だな。」

と話されていたことがありますが、現代は正しくそうなっていますね。

「田臥勇太選手・富樫勇樹選手・町田瑠唯選手」と、小さくても通用するのが凄いところです!

スポンサーリンク

2位:田中大貴選手


(https://bit.ly/3AzAmYr)

ランキング2位は「田中大貴」選手で、推定年俸は9,000万円です。

バスケットの「読売巨人軍」と言われる「アルバルク東京」でエースとして活躍している田中選手。

自チームだけでなく、日本を代表する選手として世界でも戦い活躍しています!

また、イケメンで人気女優さんと交際されていたこともあり、田中選手の知名度は高いと思います。

バスケットだけでなく話題性のある選手であることは間違いないです!

3位:比江島慎選手


(https://bit.ly/3m62PBx)

ランキング3位は「比江島慎」選手で、推定年俸は7,500万円です。

前回別の記事でも紹介した比江島選手。日本代表でも活躍しています。

また、海外でのプレー経験もあり動きは別格!

予測不能な「比江島ステップ」は止めることができません。

比江島選手は淡々と努力する選手で、表に出さない闘争心に本物感を感じます!

比江島選手の年俸についてもっと詳しく↓
比江島慎の年俸はいくら?Bリーグ平均と比較すると何倍?

スポンサーリンク

4位:辻直人選手


(https://bit.ly/3Ar1jxq)

ランキング4位は「辻直人」選手で、推定年俸は7,000万円です。

日本を代表するシューターの辻選手。

勝負どころのシュート力は抜群で、鳥肌が立ちます。

また、辻選手は関西出身ということもあり、とにかくお茶目。

チームメイトやファンを楽しませる人気者です!

バスケットだけでなく、人としても魅力のあることからランキング4位です!

5位:田臥勇太選手


(https://bit.ly/3fUqfFM)

ランキング5位は「田臥勇太」選手で、推定年俸は6,800万円です。

日本のバスケットボールといえば、田臥選手だと思う方も多いのではないのでしょうか?

日本人初のNBA選手として活躍し、40歳を超えてまだ現役を続けられている田臥選手は、正に日本のレジェンドです。

Bリーグオールスターの人気投票でも、常に上位に名が上がりますよね!

バスケットが放送される番組に出演されることも多々あることから、チームとしても発信源になるため年俸も高額だろうと予測しました!

スポンサーリンク

6位:金丸晃輔選手


(https://bit.ly/3yEe4V8)

ランキング6位は「金丸晃輔」選手で、推定年俸は6,500万円です。

ベテランシューター金丸選手のここ最近の活躍には驚きを隠せません。

確かにシュートの上手い選手でしたが、数字的にはそこまで高くなかったシーズンが続いていました。

ですが、昨シーズン(2020-)の金丸選手はとてつもなくエグかったです!

シュートに迷いがなく打ち切るシュートに、自信が湧き出ていました!

日本代表でも、そのシュート力は発揮されていましたね。

長い腕から綺麗なフォームで打たれるスリーポイントシュートは、打った瞬間に「入る!」と思わせるシュート力です。

これからの活躍も楽しみです!

7位:竹内公輔選手


(https://bit.ly/3CLV5KT)

ランキング7位は「竹内公輔」選手で、推定年俸は5,000万円です。

走れるビックマンの竹内選手。

シュートも上手く、チームには欠かせない選手です。

また、身体を張った守備で外国人選手とも対等に勝負をします。

Bリーグには、帰化選手が多く在籍しているため日本人ビックマンの活躍が欠かせません。

このような点から、チームも離さないと考え5,000万円で第7位にランクインです!

スポンサーリンク

8位:ベンドラメ礼生選手


(https://bit.ly/3CF3DTt)

ランキング8位は「ベンドラメ礼生」選手で、推定年俸は4,800万円です。

持ち前の運動量とガッツで勝負するスタイルのベンドラメ選手。

ベンドラメ選手のガッツに興奮するファンも多いでしょう!

また個人的には、黄色のユニフォームが似合っていてかっこいい!と思います。笑

現在はサンロッカーズの顔の選手として大活躍されています!

また、日本代表として世界の相手ても対戦し経験を積まれました。

今後のBリーグでの活躍も楽しみです!

9位:菊地祥平選手


(https://bit.ly/3jCu3N6)

ランキング9位は「菊地祥平」選手で、推定年俸は4,000万円です。

「なんで?菊地?」と思われている読者の方もいるかもしれませんが、視点を変えて指導者目線で見てみると。

とにかくハードにプレーをして、チームに貢献する選手はなかなかいません。

菊地選手のプレーは地味ではありますが、チームにはなくてはならない選手であることは間違いありません!

スター軍団のアルバルク東京だから、高額年俸もありえるかと思い9位にランクインです!

スポンサーリンク

10位:篠山竜青選手


(https://bit.ly/3yyH8x8)

ランキング10位は「篠山竜青」選手で、推定年俸は3,500万円です。

川崎ブレイブサンダースの人気者の篠山選手。

辻選手との2ガードは、とてもワクワクしました!

日本人離れしたスピードと闘争心でチームを盛り上げる姿は最高です!

川崎には無くてはならない存在の選手です!

以上、10位までの発表となりました!

まとめ

・1位:富樫勇樹選手 推定1億円

・2位:田中大貴選手 推定9,000万円

・3位:比江島慎選手 推定7,500万円

・4位:辻直人選手  推定7,000万円

・5位:田臥勇太選手 推定6,800万円

今回は、Bリーグの日本人選手の年俸ランキングについてお届けしました。

金額は公表されていないので、各選手の活躍を個人的に考え金額を出してみました。

日本人Bリーガーの年俸が約1,300万円程度なので、本当にこれくらいの金額は分かりませんが、ここ数年のバスケットボール人気で、高額契約をしている選手も増えているはずです!

さらにバスケットボールが人気になることが楽しみです!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

外国人選手の年俸ランキングもどうぞ↓
Bリーグの外国人選手年俸ランキング!TOP10は誰!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です