デイミアン・リラードの歴代バッシュを紹介!値段や購入方法も!

高い得点力とクラッチタイムでの驚異的な勝負強さを誇る「デイミアン・リラード」選手。

NBAでも屈指のポイント・ガードですよね!

そんなデイミアン・リラード選手のバッシュについて、

・何を履いてるの?
・今までは何を履いてきたの?
・好きなメーカーはあるのかな?
・同じバッシュがほしい!

なんて思っているアナタのために、デイミアン・リラード選手のバッシュについて調査・まとめました!

デイミアン・リラードはアディダスと契約


(https://bit.ly/3xZB9Rw)

デイミアン・リラード(以下、リラード)選手は、ジェームズ・ハーデンやデリック・ローズらと共にアディダスと契約するプレイヤーの一人です。

アディダスと言えば世界的に有名なスポーツメーカーで、日本でも好きな方が多いですよね!

デイミアン・リラード選手とアディダスは、2012年NBAドラフトの直後に契約を交わしています。

2014年には、10年で約1憶ドル(約100憶円)の大型延長契約を結びました。

それだけ、アディダス側もデイミラン・リラード選手に期待を寄せていると言える証拠でしょう。

そんなリラード選手の足元を支えるのは「DAME」シリーズです!

歴代バッシュ:DAMEシリーズの値段や購入方法


(https://bit.ly/2T95qhP)

それでは、歴代バッシュであるDAMEシリーズの値段や購入方法を紹介です!

DAME7の値段や購入方法


(https://bit.ly/3gYueC6)

まずは、DAME7です。

DAME7は2020年10月にリリースされたデイミアン・リラード選手にとって7作目となるシグネチャーモデルです。

前作に引き続きLightstrikeクッションを採用しています。

バッシュのパフォーマンス面では、トランクションやクッショニングに関して高い評価を受けているバッシュです。

値段は1万円以上するものから1万円以下のものまで様々です。

楽天などの通販サイトで購入可能なので、興味がある方は覗いてみてくださいね!

口コミも見てみましょう。

トラクションに対して複数のレビュワーが高評価。コートをしっかりグリップしてくれるので、多少ダスティーなコートでも滑りやすいとは感じない。

フルレングスのLightstrikeクッショニングが素晴らしい!ヒール部分の衝撃吸収が抜群で、前足部のコートフィールも良い感触です。

さすがという感じの高評価ですね。

DAME6の値段や購入方法


(https://bit.ly/35Rf8rY)

続いてDAME6です。

DAME6は、デイミアン・リラード選手の6作目のシグネチャーモデルで2019年11月に販売されました。

これまで採用してきたBOUNCEクッションが、Lightstrikeクッションへ変更されています。

激動の2019-20シーズン、デイミアン・リラード選手はシーズン中断明けのシーディングゲームで驚異的な活躍を見せ、バブルにおけるMVPを受賞しています。

値段は高ければ3万円近くするものから、1万円以下のものまでと様々です。

こちらも通販で購入可能となっています。

口コミを見てみましょう。

クリーンなコートにおけるトランクションは抜群!

トランクションは抜群ですが、埃っぽいコートでは滑りやすい

コートによっては合う合わないがあるようです。

滑りやすいのは困りものなので、検討されている方はその点を注意しておきましょう。

DAME5の値段と購入方法


(https://bit.ly/3wVGFnU)

DAME5は、2019年2月に発売されたリラードの5作目シグネチャーシューズです。

リラードが4度目のオールスターに選出された2018-10シーズンに着用していましたね!

楽天やAmazonなどの通販で購入可能です。

では、口コミを見ていきましょう。

トラクション・耐久性・履き心地で抜群で全く疲れません!

Bounceクッションを採用してくれているのが気に入って購入しました。

バスケットボールは動き回る競技なので、疲れないシューズを選ぶのは大前提です。

その点DAME5は◎なので、疲れにくいバッシュを探している方はぜひお試しを。

DAME4の値段と購入方法


(https://bit.ly/3gYRtfn)

DAME4は、2017年10月に発売されたデイミアン・リラード選手の4作目のシグネチャーシューズです。

プレイヤーの間で非常に評価が高いバッシュで、Bリーグ・アルバルク東京でプレイし日本代表への選出経験がある安藤誓哉さんも「足首が自由になる感覚が好き」と過去のインタビューでコメントしていました。

現在、新品で購入できるサイトは少ないようなのですが、楽天であれば中古品などは購入できるみたいですね!

値段は5千円以下のものもあり、DAME4がいい!と考えている方は一度検討してみてくださいね!

では口コミを見ていきましょう。

柔らかすぎず適度なクッション性のためバスケットボールに必要な機敏な動きに対応しやすいです!

履き心地が最高!アンクル部にニットが使用され伸縮性が高くとても履きやすい素材です。

足首部が固定されていないデザインなのでとても動きやすそうですね!

それに、サッと履ける点も高評価です!

DAME3の値段と購入方法


(https://bit.ly/3vTLahy)

DAME3は、2016年12月に発売されたデイミアン・リラード選手3作目のシグネチャーシューズです。

2016-17シーズンに愛用していたバッシュですね!

現在、楽天などの通販サイトでは入手困難となっているようです。

フリマサイトなどではいくつか出品されているみたいですね。

値段に関しては一度サイトで確認してみてください!

口コミについては、

素晴らしい一足です。

サイズは、足首周りのサポートを考えると少しタイトかもしれません。

などが見られました。

D Lillard 2の値段と購入方法


(https://bit.ly/3xUOg6k)

DAMEに変わったのは3からで、1作目と2作目は「D Lillard」というモデルでした。

Dリラード2は、2015年12月に発売されたデイミアン・リラードセンス2作目のシグネチャーシリーズです。

2015-16シーズンに着用していたバッシュです。

調べてみると、「D Lillard 2 BOOST Primeknit」の在庫はまだあるようです。

残り少ないので、気になる方は早めにチェックしてくださいね。

口コミは、

価格の割には高性能だと思います。

シューレースホールの配置が悪いのか締め上げ辛く、ソフトな足触りです。

などが見られました。

D Lillardの値段と購入方法


(https://amzn.to/3jdw0ky)

1年目に新人王、2年目にオールスタ選出と順調にスターの階段を登ってきたリラード選手。

NBA3年目の2015年2月にリリースされたDリラードはデイミアン・リラード選手にとって初のシグネチャーシューズとなりました。

次のような口コミが見られました。

マイクロフィットラストを採用しているので、最高のフィット感です!

インソールに収縮性の高いテックフィット素材を採用しており、グリップ性能にも優れている1足で動きやすいです!

2015年のモデルとなり、なかなか新品で購入することは難しくなりましたが、口コミでもあるように最高のフィット感なのでとても気になりますよね!

スポンサーリンク

DAMEシリーズの前は何を履いていたの?


(https://bit.ly/3jj2BWi)

リラード選手は、DAMEシリーズの前はどんなバッシュを履いていたのか調査してみました。

シグネチャーシューズをリリースする以前、リラードはアディダスのバッシュを着用していました。

デリック・ローズのシグネチャー、DRoseシリーズやCrazyquickなどを履いてプレーしていました。

下のTwitterにあるように、2014年2月に行われたNBAオールスターのスラムダンクコンテストではDRose4.5を着用しています。

デイミアン・リラードのプロフィール


(https://bit.ly/3wVypEq)

名前:名前:デイミアン・リラード(Damian Lamonte Ollie Lillard)
生年月日:1990年7月15日
出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド
身長:188cm
体重:88kg
学歴:ウィーバー州立大学
ウィングスパン:203cm
所属:ポートランド・トレイルブレイザーズ

史上2番目、歴代10人目となる3ポイント成功2000本に到達したリラード選手。

そのすごい姿を最後に動画で見ていただきましょう!

背番号「0」に注目してご覧ください。

完璧なシュートですね!

さすがという感じです。

スポンサーリンク

まとめ

・10年で約100憶円という大型延長契約をアディダスと結んでいる
・DAMEシリーズは楽天やフリマサイトで購入可能である
・DANEシリーズの前はデリック・ローズのシグネチャー、DRoseシリーズやCrazyquickなどを着用していた

・デイミアン・リラードのプロフィール

今回は、デイミアン・リラード選手について以上のことが分かりました。

今後も活躍できること間違いなしの選手なので、期待大ですね!

DAMEの新作も楽しみにしましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

デイミアン・リラード選手のプレールタイルについてもどうぞ↓
デイミアン・リラードのプレースタイルや特徴を徹底分析!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です