バスケ部のマネージャーの仕事や役割・心構えは?部員との恋愛はアリ?

どんなスポーツでも、選手を支える「マネージャー」という存在がいます。

もちろんバスケも例外ではなく、サポートを受けて助けられた選手も多いのではないでしょうか?

そんなバスケ部のマネージャーですが、

・どんな仕事や役割があるの?

・マネージャーとしての心構えは?

・部員との恋愛はアリなの?

なんて疑問をお持ちのアナタのために、バスケ部のマネージャーの仕事や役割などを調査・まとめました!

バスケ部のマネージャーの仕事や役割

「バスケット見るのが大好き!」という方もいれば、好きだけどプレーヤーとしては中々ついていけないかもしれない・・。

そんな不安もあって、「マネージャーになろう!」と考えている方も多いのではないでしょうか?

そんな方の参考になればいいなと思い、マネージャーについて調べてみました!

マネージャーの仕事や役割その1:選手のサポート

高校や大学のクラブのマネージャーの役割の大部分は、「選手のサポート」です。

まずは、練習時の水分の補充や用具の準備があります。

今はコロナ禍で水分は各自で準備していると思いますが、今まではマネージャーがチーム分を準備していました。

また用具も非常に多く、ボールを始め、ユニホームや救急セットなど、多岐に渡り準備をしないといけません。

強豪校などでは、マネージャーが選手のテーピングを巻いてあげたりストレッチを担当したりと、コンディショニングの面のサポートまでをこなす人もいます!

コンディショニングまで仕事ができるマネージャーは、チームからの信頼も得られ非常に貴重な存在になります!

マネージャーの仕事や役割その2:試合のサポート

バスケットボールのマネージャーの1番大変な仕事は、「試合のサポート」だと思います。

バスケットボールはルールが複雑なスポーツです。

経験されていない方には、中々理解するまでに時間がかかります。

スピードの早い試合展開に、専門用語が多い。

このような環境に慣れておかないと仕事に苦労しますよね。

また、試合中のスコアー“試合内容”の記入。これも大変です。

専用の紙に、決まった記号を並べて書いていく。

慣れたら簡単ですが、慣れるまでは苦痛で仕方ないかもです。笑

マネージャーの仕事や役割その3:洗濯や片付など

ここまで紹介してきた内容は、もしかするとバスケットボールが大好きな人なら苦痛に感じることなく仕事ができるかもしれません。

ですが、「洗濯や片付け」は全くの別物だと思う方もいるかもしれません。笑

選手が練習で使用した、ゼッケンや練習着をまとめて洗濯。

部員数によっては、終わることがないような量をひたすら洗い続けないといけません。

選手は自分たちが好きな練習をしていますが、マネージャーはそうはいきません。

次の練習に遅れないように、時間と戦って洗濯をこなします。

また、練習後の片付けも同様です。

選手はさっさと帰る人もいる中で、用具の片付けや次の日の準備を行います。

一日中働きっぱなしですが、バスケットに深く関われる仕事でもあります。

バスケ部のマネージャーの心構えは?

そんな大変なマネージャーですが、楽しいこともあります!

マネージャーを考えている人に心構えを紹介します!

バスケ部のマネージャーの心構えその1:バスケットボールが大好きなこと

この気持ちがあれば大丈夫です!

逆に言えば、この気持は大事です!

漫画スラムダンクの「赤木晴子」のように、「バスケットが大好き」という気持ちがあれば、大変な仕事もこなせると思います。

バスケ部のマネージャーの心構えその2:コーチと連携を密に取ること

大変な仕事が多いので、疲れが出ることもあります。

そんなときに助けてもらうためにも、指導者とコミュニケーションを密にしておくと良いでしょう!

選手たちのことを第一に考え、自分のことを二の次にしてしまいがちなマネージャー。

マネージャーがいなくなると、選手たちも練習に集中できなくなります。

それほど、マネージャーとは頼りになる存在なのです!

しっかりとチームのサポートが続けてできるように、コーチと連携を取る必要があります!

バスケ部のマネージャーの心構えその3:憧れの先輩を見つける

バスケットボールは人気のスポーツです。

競技人口も増加傾向にあり、多くの学校でクラブがあります。

選手が多いということは、イケメンも多いということでしょう!笑

大変な仕事があっても、「憧れの先輩のためになら頑張れる!」みたいなこともあるでしょう!

憧れの先輩を見つけて、先輩のために頑張ってみませんか!?

スポンサーリンク

バスケ部のマネージャー:部員との恋愛はアリ?

最後に恋愛についてです。

結論から言いますと、学校の規則によるところが大きいかと思います。

学校によっては、部内恋愛を禁止しているところもあります。

理由としては、マネージャーが彼氏だけをひいきしたり、別れた後に部内が気まずいギクシャクした空気になると、他の部員に迷惑がかかるなどの理由からです。

また、男目当てで入ると長続きしませんし、先輩マネージャーから圧を受けたりすることもあります。

そのためか、他校の選手と良い関係になる方は多いようです。

さて、部内恋愛OKだと仮定して、選手とマネージャーが付き合ってるときのメリットとデメリットを紹介します。

選手とマネージャーのカップル:メリット

・同じ時間を長く過ごすことができる

・共通の話題ができるので、話の内容に困らない

・吊り橋効果でドキドキしやすく、付き合っていてもマンネリになりにくい

などがあげられます。

常に一緒の空間で、活動できるので楽しい充実した時間を続くと考えられます!

逆にデメリットもあります。

選手とマネージャーのカップル:デメリット

・周りにバレるとめんどくさい

・部活のメンバーに恨まれることがある

・別れると気まずくなる

バスケットボールはチームスポーツなため、どうしても周りの目が気になりますよね。

周りが非協力的な場合、色々と気を使ってしまうことが増えそうですね。

もちろん恋する気持ちは止められないですし、恋愛しても良いかなと思います。

ですが、公私混同せず部活と恋愛のメリハリをつけ、周りからも認められるカップルになりましょう!

まとめ

【マネージャーの仕事】
・選手のサポート

・試合のサポート

・洗濯、片付けなど

 

【マネージャーの心構え】
・バスケットボールが大好きなこと

・コーチと連携を密に取ること

・洗濯や片付など

 

【部員との恋愛】
・規則によるところも大きい
・付き合うとメリットもデメリットも両方ある

今回は、バスケットボールのマネージャーについてまとめてみました。

大変な仕事ですが、バスケットが大好きならやってみるべきだと思います!

やってみると意外と充実感が得られるかもしれません!

以上。マネージャーについてでした!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です