シャキール・オニールがフリースローが下手な理由は?成功率の推移も!

リングを叩き壊すほどのダンクで、我々を魅了してくれた「シャキール・オニール」。

歴代最強センターとの呼び声もありますよね!

そんなシャキール・オニールですが、フリースローが苦手でしたね。。

そこで今回は、

・シャキール・オニールはどうしてフリースローが下手なの?

・成功率はどのくらいだったの?

なんて疑問をお持ちのアナタのために、シャキール・オニールのフリースローについて調査・まとめました!

シャキール・オニールがフリースローが下手な理由は?


(https://bit.ly/2QYY1k1)

さっそく、シャキール・オニール(以下、シャック)のフリースローについて色々と調査してみました!

コービーとコンビを組んで、NBAの一世を風靡するしたシャック。

その恵まれた体格から、ゴール下を完全に制覇し得点を取りまくった選手ですよね。

相手チームは反則をしてでも止めないと、どうしようもない選手でした。

そんなスーパースターのシャックですが・・。

ご存じの方も多いと思いますが「フリースローが苦手」でした。

理由として考えられることの1つ目は、「手の大きさ」です。

手が大きすぎるため、ボールを投げにくいと考えられます。

分かりやすく言うと、一般の方がハンドボールでバスケットボールのリングへシュートするようなものです。

想像できると思いますが、ハンドボールでフリースローをすると、力加減やコントロールを保つのが難しく、シュート確率が落ちてしまいます。

2つ目は、「シャックの性格が関係」してるかもしれません。

シャックは、言わずと知れた頑固者です。

フリースローについて記者に質問されたときに、

「想像してくれよ。俺がステフ・カリーみたいにフリースローを決めたら、もっともっとヤバい選手だったはずだ。

マイケル・ジョーダンやウィルト・チェンバレンを超えて、史上最高の選手になっていたと思う。

でも、弱点があったおかげで謙虚なままでいられたんだ」

と答えたように、フリースローが苦手なことを認めています。

それくらい、開き直っていたようですよ。笑

シャキール・オニールの手の大きさはどのくらい?

さて、フリースローが苦手な理由である手の大きさ。

どのくらいの大きさか気になりますよね!

と、いうことで調査しましたが、詳しい数字は見つかりませんでした。。

ですが、興味深い画像を発見しました。

レナード選手との比較写真です。


(https://bit.ly/3hZ3OBh)

同じくらいか、ちょっとシャックの方が大きいですよね!

そして、レナード選手は手が大きいことで有名で、一般女性の手との比較とバスケットボールを覆い隠すほどの大きさをご覧ください!


(https://bit.ly/3hZ3OBh)


(https://bit.ly/3fuR9EG)

ということで、シャックもかなり大きな手をしていることが分かりますよね!

また、レナード選手は「シュートに苦戦するときがある」と明かし、次のようにコメントしています。

「すごく努力したよ。女子用のボールを打っているような感覚と言えばいいのかな?

小さいので、ボールが上手く掌の上を転がらないときがあるんだ」

このコメントからも、手が大きいとシュートが難しくなるということが分かります。

シャックもやはり、手の大きさに対してボールが小さくて投げにくいのでしょうね!

しかし、手が大きいと「リバウンドやスティール、ダンク」などには役に立つというメリットもあるのですよ!

シャキール・オニールのフリースローの成功率推移は?


(https://bit.ly/3uthqHA)

調べてみると、シャックの歴代フリースロー成功率は52.7%でした。

ちなみに、歴代1位はステフィン・カリーの90.6%でした。

これはかなりすごい数字だと思いますが、これと比べるとシャックは低いですよね。笑

さて、フリースローの成功率を数年調査してみました。

レイカーズ最終年度 2003-04シーズンはおおよそ42%

ヒートに移籍後 2004-05シーズンはおおよそ47%

サンズ時代 2007-08シーズンは少し確率を上げて50%

決して高い成功率ではないと思いますよね。笑

しかしシャックは、

「成功確率は気にしない。決めるときに決めるから。」

とインタビューで答えています。笑

何かカッコイイですよね!

スポンサーリンク

シャキール・オニール:プロフィール


(https://bit.ly/3wCJ6uV)

名前:シャキール・オニール(Shaquille Rashaun O’Neal)
生年月日:1972年3月6日
出身地:アメリカ合衆国
身長:216cm
体重:147kg(現役時)
ドラフト:1992年1位 オーランド・マジック
経歴:オーランド・マジック(1992-1996)→ロサンゼルス・レイカーズ(1996-2004)→マイアミ・ヒート(2004-2007)→フェニクス・サンズ(2007-2009)→クリーブランド・キャバリアーズ(2009-2010)→ボストン・セルティックス(2010-2011)
受賞歴:NBAチャンピオン,新人王,得点王,NBAファイナルMVP
現在:サクラメント・キングス共同オーナー

NBAのスター選手であったシャック。

相手を圧倒するプレーやリングを叩き壊すほどの破壊力で、ファンを魅了し人気を集めました。

ですが、フリースローが苦手すぎて、対戦相手はシャックにはファールをしてフリースローを打たせる戦術を選びました!

これを、「ハック・ア・シャック」と言います。

こんなポポビッチによるアメリカンジョークも!!笑

しかし、こんな戦術が生まれるほど、ゴール下を圧倒した選手でした!

フリースローがもう少し上手ければ・・。笑

ちなみに、シャックが購入したボートに、息子のシャリーフ・オニールが「フリースロー」という名前を付けました。

理由はというと、、

「父はボートを手に入れ、”フリースロー”と名付けた。なぜなら、彼はボートを沈めないだろうからね」

面白いですね!

転覆することはなさそうです。笑

それではシャックのスーパープレーの数々をご覧ください!

愛くるしい表情も人気の一つですね!

まとめ

・フリースローが苦手な理由は「手が大きい」からである

・フリースローが苦手な理由は性格も関係していいるかもしれない

・手の大きさは、一般人と比べ物にはならないほど大きい

・歴代フリースロー成功率は52.7%

・シャキール・オニールのプロフィール

今回は、シャキール・オニールについて以上のことが分かりました。

フリースローの上手いシャックも見てみたかったですけど。

それ以上の破壊力に目がいってしまいますね。

こんな選手はこれから先に出てくるでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です