ともやん(レイクレ)のバスケの実力や経歴は?NBAでも通用するレベル!?

バスケ系YouTuberと聞くと、Lazy Lie Crazy(レイクレ)の「ともやん」さんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

レイクレだけではなく、個人でもチャンネル開設しています!

そんなともやんさんですが、

・バスケの実力はどのくらいなの?

・バスケはどのくらいしてたの?

・NBAでも通用するレベルなの?

なんて疑問も浮かんできますよね!

今回は、ともやんさんのバスケの実力や経歴を調査・まとめました!

ともやん(レイクレ)のバスケの実力は?

詳しい経歴は後ほど紹介しますが、ともやんさんがバスケを始めたの小学3年生のときです。

それからずっとバスケを続けているので、相当長い期間をバスケに費やしていますよね!

そして、2019年3月の動画では、3×3のOSAKA DIMEでプロとして活動していくことを発表しています。

OSAKA DIMEのHPにも、2020年4月18日 のニュースとして「嶋津友稀選手との契約基本合意のお知らせ」が載っています。

さて、実力はどのくらいなのでしょうか?

ともやん(レイクレ)のオフェンスの実力

ともやんさんは、YouTubeで数々の1on1をしていますよね。

実力を測る上で、プロと対決した動画を見てみましょう!

まずは、日本代表にも選ばれているテーブス海選手との対決です。

そして、Bリーグ初の年俸1憶円プレーヤー富樫勇樹選手との対決です。

やはり日本代表相手なので相当苦戦していますね。

どちらの動画でもコテンパンにやられてしまっていますが、ここまでやられているのはこの2人だけなのです!

これは凄いことですよ!

1on1の勝負ですが、試合中の1on1とは勝手が違います。

普通の試合中でしたら、「抜いてくるのか?それともパスか?スクリーンは来てないか?」など、選択肢があるのでディフェンスに迷いが生じます。

しかし、ガチの1on1では「ドライブしてくるかシュートしてくるのか」の2つの選択になりますね。

なので、マークを抜くには高いスキルが必要になってきます。

そして、ともやんさんが得意としているのが「クロスオーバー」です!

ともやんさんは「クロスオーバーがしっかりできれば、だいたい抜けます」と言っていますね!

それは、ともやんさんのクロスオーバーがキレッキレだからです!

そして、もう1つご覧いただきたいのがこちら。

これはかなり高いハンドリングスキルですよね!

さすがは全国経験者!

高いオフェンス力の持ち主です!

ともやん(レイクレ)のディフェンスの実力

ともやんさんは、「ディフェンスの方が得意」というほど、ディフェンスが上手いです!

こちらの動画をご覧ください。

「ディフェンスがオフェンスの主導権を握る」

バスケ経験者なら分かると思いますが、驚いた方もいるのではないでしょうか!?

さきほど紹介したテーブス海選手と富樫勇樹選手の動画では、やられてはいるものの、しっかりと腰を落とし何とかついていってもいます。

これは、テーブス海選手と富樫勇樹選手が上手いということで、決してともやんさんのディフェンス力が弱いということではありません!

派手なオフェンスに目がいきがちですが、ディフェンスにも注目して見るのも面白いですよ!

ともやん(レイクレ)のウィークポイント

(あくまで私の見方です。。)

ミドルからスリーポイントにかけての精度が、あまり良くないかと思います。

ともやんさん自身、ドライブで抜き去ることに楽しさを感じてるのかなぁ〜、なんて様子も見受けられますね。

そして、ディフェンスのときは外からのシュートチェックが少し甘い傾向にあります。

「抜かれないように」という意識が強いのかもしれませんね。

ともやん(レイクレ)の経歴


(https://bit.ly/2NAifiy)

名前:ともやん
本名:嶋津 友稀(しまず ともき)
生年月日:1997年9月23日
出身地:大阪府守口市
身長:175cm
体重:68kg
ポジション:ガード

ともやんさんは、守口市立第一中学校から近畿大学附属高校へ進みます。

近畿大学附属高校は、バスケの強豪として有名ですね!

高校時代には2015年に、京都インターハイ出場、大阪少年男子国体選手、ウィンターカップベスト8という成績を残しています。

大学は近畿大学へ進みますが、バスケ部には入っていません。

目立ちたがり屋なともやんさんは、大学でバスケを続けるよりYouTuberの方が有名になれると、その道へ進んだそうです。

そんなともやんさんは、2017年に第3回3×3日本選手権に出場しています。

そして、2019年3月にOSAKA DIME.EXEに所属しました。

スポンサーリンク

ともやん(レイクレ)はNBAでも通用するレベル!?

さて、ともやんさんがNBAで通用するレベルなのか!?

まずは、こちらの動画をご覧ください。

元NBAのピエールジャクソン選手との1on1です!

完全に抜き去っているシーンもあります!

もしかしたらNBAでも!!と、思いたいのですが・・。

正直、「難しいかな。」と思います。

ピエールジャクソン選手も本気ではない様子ですよね。

それに、テーブス海選手や富樫勇樹選手にも惨敗です。。

ともやんさんには申し訳ないですが、ちょっと無理があるかなといったところでしょう。

大学でバスケをしなかったことも、やはり続けていた方とは違いが出ると思います。

ですが、3×3でプロとして活躍できるスキルの持ち主です!

いつか、キングと言われるレブロンとの1on1、会ってはいるけど1on1はできなかったステフィンカリーとの勝負を見たいところですね!

まとめ

・高いオフェンススキルの持ち主である

・ディフェンスを得意としている

・ウィークポイントも見られる

・大学ではバスケを続けずYouTuberとなった

・NBAレベルには達していないと思われる

今回は、ともやん(嶋津友稀)さんについて以上のことが分かりました。

全国経験者ということで、高いスキルの持ち主だと思いますよね!

これからの動画では、どんな選手と対戦するのか!?

楽しみにしましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です