【Bリーグの審判】給料はどのくらい?プロ契約してる人もいる! 

バスケットボールに限らず、スポーツに欠かせない存在である審判。

バスケの場合、主審1名と副審2名の計3名で行いますが、どのくらいの給料をもらっているのでしょうか?

また、審判になるにはどうすれば良いのでしょうか?

今回は『【Bリーグの審判】給料はどのくらい?プロ契約してる人もいる!』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

Bリーグ審判の給料はどのくらい?

現在、Bリーグで審判としてプロ契約してる方は「加藤誉樹さんと漆間大吾さん」の2名です(後ほど詳しく紹介します)。

そして、審判のライセンスを持っている方は約200名で、1試合の審判の給料は2~3万円ほどと言われています。

また、宿泊費の上限は1万2千円と定められています。

実際、審判の給料だけで生活できているのはプロの2名だけ。

プロ契約している2名以外の方は、学校の先生や会社員、アルバイトやリーグ運営職員など、副業として審判をしています。

オフシーズンもありますので、プロ契約しないと審判だけでは生活するのは厳しいですね。

プロ契約してる審判の給料は?

さて、審判としてプロ契約している2名は、どのくらいの給料をもらっているのでしょうか?

調べてみましたが、どのくらいの給料をもらっているかの情報はありませんでした。

しかし、生活できるだけの給料は貰っているそうです。

ちなみにNBAの審判は年俸制で、通常レベルの審判で8万5千ドル、トップレベルになると30万ドルの給料を貰うそうです。

30万ドルというと3千万円以上です!

Bリーグの審判では、さすがにそこまでは届かないようですね。

それでは、プロ契約している加藤誉樹さんと漆間大吾さんについて紹介します。

【加藤 誉樹(かとう たかき)】


(https://bit.ly/2WKKhJR)

元みずほ銀行の社員で、JBA S級審判員でFIFAライセンス、JBA S級審判員、FIFAブラックライセンスを保持しています。

2016年、Bリーグの初代最優秀審判賞を受賞。

2019年には、FIFAバスケットボールワールドカップの審判として活躍しました。

試合をご覧になった方には「あれ?審判に日本人がいる!」なんて思った方もいるのではないでしょうか。

【漆間 大吾(うるしま だいご)】


(https://bit.ly/2zeoxx0)

大学2年生のときに審判の資格を取得。

大学卒業後は、一般企業に勤めながらbjリーグの審判を務めていました。

その後、2019年にプロ契約をしました。

スポンサーリンク

Bリーグの審判になる方法

Bリーグの審判になるためには、「JBA公認ライセンス」を取得する必要があります。

JBAとは「Japan Basketball Association」の略で、「日本バスケットボール協会」のことです。

JBA公認ライセンスは「S・A・B・C・D・E」と階級があり、もちろんSが最も高い階級です。

Bリーグで審判ができるのは、S級とA級の認められた一部の方のみです。

ちゃんと背番号もあります。

JBA公認ライセンスを取得するには、講習とルールの試験を受けます。

そして、実際の試合で審判をし、周囲の推薦を受けなくてはなりません。

時間も費用とも、それなりにかかるわけです。

誰がどの試合の審判を?決め方は?

さて、その日の試合の審判の決め方はどうなっているのでしょうか?

予定表など、事前にどの試合でその審判が笛を吹くのかは分かりません。

数日前に、Bリーグ協会から連絡がきます。

どうして事前に教えてくれないのでしょうか?

これは「賄賂・不正防止」の観点からです。

いきなり「北海道に行ってくれ」「沖縄に行ってくれ」ということもあるのだそうです。

ちょっと大変な感じもしますね。

スポンサーリンク

公認審判だけの特典

実は、JBA公認審判になると、審判登録証を提示することで次の大会が無料で観戦できます。

・天皇杯

・皇后杯

・全日本大学インカレ

・全国高校ウィンターカップ

・都道府県対抗ジュニアオールスター

また、JBAが指定する国際大会にも適用されますので、国際大会も無料観戦できるわけです。

これは羨ましいですね!

まとめ

・現在は2名が審判としてプロ契約している

・1試合の審判の給料は2~3万円ほどである

・審判としてプロ契約すると生活できる給料は貰える

・プロ契約していない審判は、副業として審判をしている

・NBAの審判は年俸制で、8万5千ドル~30万ドル貰える

・Bリーグの審判になるには「JBA公認ライセンス」を取得する必要がある

・審判の予定は、事前に教えてくれない

・JBA公認審判になると無料で試合観戦できる特典がある

今回は、Bリーグの審判について以上のことが分かりました。

この記事をお読みいただいている方の中には、「Bリーグの審判をしたい!」という方もいるかもしれません。

プロ契約すると、それだけで生活もできるようです。

Bリーグの盛り上がりとともに、給料アップの可能性もあるでしょうか!?

ぜひ「S級ライセンス」を目指して頑張ってくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です