【海南編】スラムダンクのモデル選手まとめ!高頭力監督は?

バスケの王道漫画と言えばスラムダンク!

これを読んでバスケを始めた方も少なくないのではないでしょうか?

その中でも今回は、海南大付属高校編です。

レイカーズがモデルになっていると言われる海南大付属高校。

どんな選手がモデルになっているのでしょうか?

そこで今回は『【海南編】スラムダンクのモデル選手まとめ!高頭力監督は?』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

牧紳一のモデルはマジック・ジョンソン


(https://bit.ly/3akQm45)                 

海南大附属高校バスケ部主将で、神奈川No.1ガードプレイヤーと称される実力者である。

1年の頃から怪物と呼ばれるも、それに驕ることなく自らを鍛え続ける貪欲さが持ち味のキャラクターです。

リーダーシップも強力で、仲間思いな面もあり厳しくも熱く味方を鼓舞し、チームメイトに対しての妥協も許さないタイプのキャプテンシーです。

そんな牧紳一のモデルは、元レイカーズのマジック・ジョンソン選手です。


(https://bit.ly/2WLZqee)

マジック・ジョンソン選手は、2m越えの身長から繰り出される得点力とアシスト力はNBAでのNo.1ポイントガードと称されています。

本名はアーヴィン・ジョンソン・ジュニアで、マジックという愛称は高校時代につけられたニックネームです。

ロサンゼルス・レイカーズ一筋でプレーしたマジック選手は、1980、82、85、87、88年にNBA優勝をはたしています。

ノールックパスもこのマジック選手の真骨頂ですよね!

牧紳一も、184cmと長身のポイントガードなので、設定としても体格は似ていますよね。

神宗一郎のモデルはレジー・ミラー


(https://amba.to/39gRbtf)      

スリーポイント王でもある神宗一郎。

シュートの精度が非常に高く、スラムダンク屈指のスリーポイントシューターです。

2年生ながらにスタメン入りしています。

元々のポジションはセンターでしたが、1年のときにはベンチ入りできていませんでした。

毎日500本ものシュート練習を続け、見事スタメンの座を獲得!!

主将の牧とは海南の最強コンビと言われるまでとなりました。

努力は裏切らないことを体現した一人でもありますね。

そんな神宗一郎のモデルはNBA史上屈指のスリーポイントシューターのレジー・ミラー選手です。


(https://bit.ly/2JcV73N)

シュートフォームや体の線の細さが神宗一郎とミラーと被ります。

神宗一郎は入り出したら止まらないタイプのシューターです。

ミラーも入り出したら止まらないタイプで、試合後半にはミラータイムと言われるほどの勝負強さを持っていました。

一番有名なのは、残り約16秒で8得点を挙げて逆転した試合です。

スリーポイントシュートを決めた直後にスティールをして、スリーポイントラインの外まで戻って連続のスリーポイントシュートを決めるシーンはNBAファンには有名な伝説です。

スポンサーリンク

清田信長のモデルはショーン・ケンプ


(https://bit.ly/2Ukws3J)      

清田信長は、海南大付属高校の1年生ルーキーですね。

お調子者な性格は、桜木花道に似ている部分でもあるでしょうか?!

身体能力は凄まじく高く178cmの身長にも関わらず、軽々とダンクシュートを決めます。

むしろ、清田信長は作品中でダンクシュートしかしていません。

身体能力だけ見れば実は、作品の中でNo.1かもしれません。

海南は牧がペネトレイトでディフェンスを引き寄せ、神がスリーポイントシュートを放つというスタイルのため、清田はシュートを放たずとも、ダンクで決めればよい!というスタイルなのでしょうか?

そんな清田信長のモデルは、レインマンことショーン・ケンプ選手と言われています。


(https://bit.ly/2wGJlvR)

レインとはダンクの雨を降らせるという意味と、ゲームを支配する「reign」から取られた愛称です。

それほどケンプ選手のダンクや身体能力が高かったことを意味しています。

ケンプ選手は208cmの長身でパワーフォワードです。

ただ清田信長の派手なプレースタイルなどは、このケンプ寄りな気がしますね。

モデル選手は不明?

高砂一馬


(https://bit.ly/39kKne0)

高砂一馬は長身センターで、パワーでは赤木や魚住に劣るものの、その分テクニックに優れている万能プレイヤーの1人です。

相手の力量を見抜く才能も高い選手で、湘北戦では素人の桜木に対し「あいつを素人とは考えない。赤木級のプレイヤーのつもりであたる」と発言して桜木のポテンシャルを見抜いていました。

地味ではありますが、海南のスタメンだけのことはあります。

そんな高砂一馬は、ブラデ・ディバッツ選手ではないかと言われています。


(https://bit.ly/2WG025f)

NBAのロサンゼルス・レイカーズやサクラメント・キングスなどでプレーしていました。

216cm・120kgの体格の良い選手で、ポジションはセンターです。

2019年のバスケットボール殿堂入りメンバーにも入りました。

現在はキングスのGMを務め、チーム再建に尽力しています。

武藤正


(https://bit.ly/2wuBYrr)

海南大付属高校のレギュラーにして地味な武藤正。

地味な印象が強い選手の1人です。

クセの強い牧、神、清田らがいるせいもあってか描写や台詞自体少ない印象がある。

そのためか、モデルになった選手も公開されていません。

アニメ版オリジナルの予選試合では完全に相手を見下す発言もみられました。

その発言により、嫌味なキャラとして描写されるなど少しアクが強い印象が残っています。

宮益義則


(https://bit.ly/2Ji7FHa)

メガネをかけており身長も低い小柄な選手ですが、海南の非常に厳しい練習に3年間耐え抜いた努力の持ち主です。

神を除けばシュート面ではチームNo.1と言われるほどの実力を身に付けた努力家である。

その努力はチームにも認められており、部員からの信頼はとても厚く「宮さん」や「宮」と呼ばれ慕われている。

そんな宮益義則のモデルも公開されておりません。

努力の人は設定上のキャラクターなのですね!

スポンサーリンク

高頭力監督のモデルは?


(https://bit.ly/2UAWfDr)

普段やスコアリード中は穏やかですが、追いつかれてくると途端に機嫌が悪くなる癖がある監督です。

湘北戦で追い上げにあった際は、いつも持っている扇子を真っ二つに折った経緯もあります。

怖いですね。

高校1年生の当時から「恐怖の新入生」と言われたほどの選手で、当時2年生だった田岡監督とは、その頃からの因縁の間柄。

田岡監督のことは今でも「田岡先輩」と呼んでいる。

そんな高頭力監督のモデルですが、どうやらモデルは公開されていないようですね。

インターハイ予選決勝リーグでは、湘北への下調べを全く行わないまま試合に臨んだにもかかわらず、試合開始から10分ほどで花道の本質を見抜いて、宮益に相手をさせることで花道のペースを狂わせたりするなどの戦略眼をもっています。

まとめ

・牧紳一のモデルはマジック・ジョンソン選手

・神宗一郎のモデルはレジー・ミラー選手

・清田信長のモデルはショーン・ケンプ選手

・高砂一馬のモデルは、ブラデ・ディバッツ選手

・武藤正と宮益義則のモデルは公開されていない

・高頭力監督のモデルは公開されていない

スラムダンクの神奈川の王者・海南と言えば、17年連続でインターハイ出場をはたしている超強豪校ですね。

海南の高頭監督は「うちに天才はいないが、うちが最強だ」というように、海南メンバーを見るとそれほど天才プレイヤーはいません。

むしろ地味なタイプや努力家が多い印象ですよね。

タレント性はなくとも、努力でバスケの道を切り開き常勝軍団になった海南大付属高校は素晴らしいですよね。

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です