矢野良子(バスケ)の結婚相手は前川さん?3×3で勝負!wiki風プロフも紹介!

2004年アテネ五輪にも出場している矢野良子選手。

2004年アテネ五輪に出場するなど、女子バスケットボール界に貢献、活躍しています。

そんな矢野良子選手は、2020年東京五輪の新種目「3人制バスケット」で奮闘中です。

調べていると、結婚というキーワードも出てきます。

そこで、今回は『矢野良子(バスケ)の結婚相手は前川さん?3×3で勝負!wiki風プロフも紹介!』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

矢野良子の結婚相手は前川さん?


(https://bit.ly/2MMv9bZ)

矢野良子さんについて調べてみると、「矢野良子 結婚 前川」なんてキーワードが出てきます。

調べてみましたが、どれも信憑性はありませんでした。

少し古い情報ですが2011年には、「40歳までに結婚したい」とブログでつづっています。

インスを見てみても、指輪をしている様子もありませんでした。

今は、まだ結婚していないようですね。

ちなみに、インスタではよく甥っ子の写真もアップされています。

3×3で勝負!3Wを設立

2017年5月、20年間にわたるWリーグの競技生活から離れ、東京五輪の新種目「3人制バスケットボール」に矢野良子選手は転向しました。

「もう一度五輪の舞台に立ちたい」という自身の夢をかなえるため新リーグを自ら設立しています。

WリーグのOGに声をかけつつ、さらなる強化や普及の場を求める矢野選手が自ら資金を調達し、女子3×3リーグ「3W(トリプルダブル)」を開幕させました。

すごい気迫ですよね。

では3Wとはなんでしょうか?

「Woman」「Win」「World」の頭文字をとって3Wといいます。

3×3は、3人制バスケットボールのことで、国際バスケットボール連盟(FIBA)が2007年から推奨している正式な競技です。

1チーム4名以内で試合を行い、選手交代のタイミングはチェックボールが行われる前であればいつでもOK。

試合は10分一本勝負で、相手より21点以上とることができればその時点で勝利です。

ハーフコートのみで行われる3×3では、12秒という短い時間で得点を狙うためスピード感はかなりあります。

また、通常3ポイントラインと呼ばれるラインはアークと言い、アーク外からのシュートは2ポイントとなります。

そして、アーク内からのシュートは1ポイントとなります。

そのため、2ポイントシュートが勝敗の大きな鍵を握ることもあります。

3Wでは1試合で8本決めたとんでもない選手もいるようです。

その他ここでは伝えきれませんが、独自のルールがあるため、のめりこんできているファンも多いようです。

3×3の詳しいルールはこちら↓
3×3 (スリーエックススリー)のルールを分かりやすく紹介!どんな競技なの?

スポンサーリンク

矢野良子プロフィール


(https://bit.ly/2KQm7rJ)

名前:矢野 良子(やの りょうこ)
コートネーム:リョウ
出身地: 徳島県
生年月日:1978年12月20日(40歳)
血液型:B型
身長:178cm
体重:74kg
出身校:徳島県立城北高等学校
所属チーム:ジャパンエナジー/JOMO (1997-2005)→富士通(2005-2009)→トヨタ(2009-2017)
ポジション:フォワード

1996年、U-18日本代表にて準優勝、翌年のU-19世界選手権に出場しています。

バスケットボール女子日本代表には2001年に初選出され、アジア選手権で準優勝。

2002年の世界選手権に出場しています。

2004年アテネオリンピックに出場、その後、2005年アジア選手権、2008年北京オリンピック世界最終予選、2012ロンドンオリンピック世界最終予選にも出場しています。

2017年3×3への転向を表明し、トヨタ自動車とアスリート契約を結んでいます

2018年試合に参加しつつ、試合数の少なさからスポンサー営業をはじめ、9月29日に国内最多の12チームが集まる3Wが開幕させています。

行動力のある女性ですね。

まとめ

・結婚はしていない様子

・3Wを設立したカリスマ的存在

・女子トップリーグで20年プレー(JOMO~富士通~トヨタ)し、リーグ制覇4回、皇后杯優勝6回

・日本代表としてアテネ五輪に出場、2017年3×3へ転向し2度目の五輪出場を目指す

「私のバスケ人生はもうあと2年しかないんです。でも実際は、来年に出場国が決まるため、もう1年しかない。今年が勝負です。」

と取材で答える矢野良子選手。

オリンピックイヤー、矢野良子選手がオリンピックの舞台に戻ってくるのか?

期待に胸が躍りますね。

オリンピックへ出られるかは試合ポイントで判断されますが、まだまだ試合数が少なくポイントの獲得が難しい状況です。

その点も応援していきたいところですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です