バスケットボールおすすめTOP5!メーカー別の特徴も!

一言で「バスケットボール」と言っても、ウィルソンやスポルディング、モルテンなど様々なメーカーがありますよね!

バスケというと体育館で行うイメージですが、3✕3の普及もあり屋外用のボールも注目されています。

そこでバスケットボールについて、

・バスケットボールの選び方は?

・オススメのボールが知りたい!

なんて疑問をお持ちのアナタのために、バスケットボールの選び方やオススメを紹介します!

「そんなに多くの種類を紹介されても困るよ!」なんてことにならないように、屋内用と屋外用に分けてTOP5に絞って紹介します!

バスケットボールの素材と選び方・サイズについて

バスケットボールには「素材とサイズの違い」があります。

素材を理解することで、自分に適したボールを選ぶことができますね!

まずは、こちらについて紹介していきましょう!

バスケットボールの素材と選び方

バスケットボールには、大きく分けて次の3つの素材があります。

【①天然皮革】

バスケットボールを本格的に行うのであれば、間違いなく【天然皮革】をオススメします。

多くの公式戦で使用されるボールが天然皮革です。

手に吸い付くようなグリップ力があり、非常に使いやすいです。

ですが、このボールは屋内専用だと考えてください。

外でこのボールを使うと痛みが激しく、屋内で使うことができなくなります。

【②人工皮革】

練習用で使用される場合は【人工皮革】をオススメします。

リーズナブルな人工皮革は、ボールを使っていても手に吸い付き扱いやすいです。

特にバスケットボール初心者は、ボールに慣れるということが優先順位が高くなります。

人工皮革のボールを使うことで、ボールハンドリングが良くなりドリブル技術が高くなるでしょう!

【③ゴム製】

バスケットボール初心者や小学生にオススメなボールは【ゴム製ボール】です。

ミニバスでは、ゴム製を使って練習しているチームも多く、軽く怪我防止にもつながります。

また、カラフルなボールも多く、バスケットボールを始めたばかりの子供さんたちには、モチベーションも高くなるでしょう!

特に屋外で使用される場合は、ゴム製が非常にいいと思います。

アスファルトの地面にも強く練習が楽しくできると思います!

バスケットボールのサイズ

続いてサイズについてです。

世界的に見れば珍しいですが、日本には「ミニバス」というものが存在しますね。

小学生男女(ミニバス):5号球

男子中学生〜一般(男子):7号球

女子中学生〜一般(女子):6号球

各カテゴリーに合わせたボールを使うのが良いかと思いますが、次のボールに慣れることを考えると、男子は7号球を女子は6号球に早くから触れておくことも良いかもしれません。

そして、使用するボールは年代や男女によって違いがあります。

また、3×3(スリーエックススリー)のボールは男女関係なく、大きさが6号球で重さは7号球となっています、

ワンサイズ小さいボールを使うことでスピーディーな試合展開が期待できます。

また、重さが7号球と同じなのは、屋外で試合を行うことも多い3×3ですので風の影響を受けづらくする狙いもあります。

こちらがサイズと重さの一覧です。

5号球:直径22cm・周囲69〜71cm・重さ470〜500g

7号球:直径24.5cm・周囲74.9~78cm・重さ567〜650g

6号球:直径23.2cm・周囲72.4〜73.7cm・重さ510〜567g

3×3球:直径23.2cm・周囲72~74cmcm・重さ580~620g

【屋内用】バスケットボールおすすめTOP5!

それでは、屋内用のバスケットボールおすすめTOP5を紹介します!

1位:モルテン バスケットボール 7号球

バスケットボールを本格的にプレーする。

またはプロを目指すなら、このボールに慣れるのが一番だと思います。

Bリーグをはじめ、大学生もこのボールを使用しています。

小学生には、少し重たく感じるかも知れません。

2位:モルテン バスケットボール5000 7号球

中学生以上にオススメなボールです。

日本バスケットボール協会公認球で、主な大会はこのボールを使用しています。

3位:ミカサ バスケットボール  CF7000NEO

モルテンよりも少し荒い手触りのミカサのバスケットボール。

新品は少し滑りますが、使い慣れてくるとモルテンよりも扱いやすくなります。

小学生では試合球になることはあまり多くはないと思いますが、中学生以上になると試合球になることもあります。

4位:スポルディング バスケットボール 7号球 NBAロゴ入り

NBA好きにはたまらない、スポルディングのバスケットボール。

最近では、多くのスキルコーチが指導されていて、スポルディングのボールも使われています。

バスケットボールのスキルを高めるために、人とは違うボールを使ってライバルに差をつけましょう!

5位:ナイキ エリート チャンピオンシップ 8P 7号球

モルテンやミカサのボールよりも少し硬く感じるナイキのボールですが、体育館でドリブルをすると他のボールより気持ちの良い音がします。

突いた人にしか分からない感覚ですが、ナイキのボール独特な感じです。

バスケットボール上級者にオススメです!

スポンサーリンク

【屋外用】バスケットボールおすすめTOP5!

続いて、屋外用のバスケットボールおすすめTOP10を紹介します!

1位:モルテン バスケットボール GA6 屋外用

屋外用でもやっぱりモルテンです!

手触りは屋内ボールとは違いますが、手に吸い付く感じはあります。

水にも強いコーティングをされているのでで、汗や雨が付いてもタオルで拭けば問題ありません。

子供たちの自主練習にもオススメです!

2位:ウィルソン 3✕3 FIBA OFFICIAL バスケットボール

屋外ということで、2位はウィルソンの3✕3用のボールです。

こちらはオリンピックでも使われる公式球です。

屋外で多く行われることの多い3✕3用ですので、耐久性は抜群です!

3位:スポルディング バスケットボール 7号球 八村塁ラバー  屋外用

NBAで活躍する八村選手が描かれたボールです!

他のスポルディングのボールと手触りは変わりませんが、八村選手が描かれていると気分が違いますね!

4位:スポルディング バスケットボール 5号球 83-362J 屋外用

屋外でボールを使用するのは、バスケットを始めたばかりの子供たちも多いと思いますので、ここで5号球の紹介です。

少しでも上達しようと毎日外で練習する子供たちの気持ちを高めるには、やる気を高めてくれるボールも必要になってくると思います。

普通のブラウンではなく、カラーも違うとやる気も変わりますね!

男の子だけでな、女の子も好んで使えるボールです。

5位:モルテン バスケットボール 5号球 B5C 2000 屋外用

実はこちら、屋外用で筆者が一番にオススメしたかったボールです。

1位にしなかった理由は5号球ということもありますが、地味ということもあります。笑

昔はカラフルなボールが少なく、この普通の色のボールを使って練習をしていました!

特にゴム製ですので、外での使用に向いていています。

値段もリーズナブルなので、これからバスケットを始めるお子さんへプレゼントしてもお財布に優しいですね!

バスケットボールのメーカー別の特徴

それでは、バスケットボールのメーカー別の特徴を紹介します。

モルテン


(https://bit.ly/3zPr2Qm)

モルテンは、多くの公式戦で使用されている代表的なボールです。

品質が高く、FIBA主催の国際大会でも使用されています。

特に天然皮革製のボールの性能が高く、表面の加工や内部のクッション構造にも拘って作られています。

ミカサ


(https://bit.ly/3hdb3Eu)

中学高校生の試合で公式球として使われているミカサのボール。

子供向けのEVA素材でできた柔らかなボールなど、様々な種類のバスケットボールを扱っています。

また、グリップ力に優れておりソフトな質感になっています。

デザインも豊富なので、子供たちに人気なメーカーの1つです。

スポルディング


(https://bit.ly/3ndzqpi)

NBA公式球のスポルディング。

特にNBAファンの方たちは多く使用しています。

人工皮革製のボールの種類が多く、デザインもNBAロゴやチームロゴの入ったボールが多いです。

屋外・屋内両方で使用することができる物もあります。

スポンサーリンク

まとめ

・「天然皮革・人工皮革・ゴム製」の3つがある

・「5号・6号・7号」3つのサイズがある

・屋内用と屋外用のボールがある

・各メーカーで特徴がある

今回は、バスケットボールについてオススメを紹介しました。

年代や男女によって使うボールが変わるため、選ぶのに迷いますが、この記事が少しでもボール選びの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です