ケビン・デュラントの歴代バッシュを紹介!値段や購入方法も!

NBAのスーパースターである「ケビン・デュラント」選手。

大きなケガをして一時期が休んでいましたが、長期離脱をしたと言え全く実力は衰えることはありませんでした。

バスケットボール選手といえば、気になるのがバッシュではないでしょうか。

そこで今回は、そんなケビン・デュラント選手のバッシュについて、

・何を履いてるの?

・今までは何を履いてきたの?

・好きなメーカーはあるのかな?

・同じバッシュがほしい!

なんて思っているアナタのために、ケビン・デュラント選手のバッシュについて調査・まとめました!

ケビン・デュラントはNIKEと契約


(https://swoo.sh/3wqlvwY)

ケビン・デュラント(以下、デュラント)選手は、テキサス大学での1年間のプレイを経て、2007年ドラフト1巡目2位でNBA入り。

ドラフト前から各シューズブランドによる争奪戦が繰り広げられ、最終的にアディダスと競う形になりましたがNIKEが勝利しました。

アディダスとNIKEで競い合うなんて、やはりすごい選手ですよね!

その契約額は6年間で6千万ドル(約60憶円)と言われています。

ドラフトの1年後には早速初のシグネチャーモデル「NIKE KD 1」が登場しましたね!

このバッシュはNBAを含む多くのプレイヤーの間で高い評価を得ています。

歴代バッシュ:KDシリーズの値段や購入


(https://bit.ly/2SVktLU)

それでは、デュラント選手の歴代バッシュの値段や購入方法を紹介です!

KD14の値段や購入方法


(https://bit.ly/36nyZ2c)

KDシリーズ14作目のシグネチャーモデルで、2021年4月に登場。

KD7依頼となるストラップが採用されており、フィット感とサポートの向上に寄与しているバッシュです。

フルレングスのZoom Airクッショニングと、Cushlonフォームが力強いエネルギーリターンを実現し、長時間のパフォーマンスをサポートしてくれます。

デュラント選手自身、クッショニングに満足しており、コートとの設置感・反発力が気に入っているそうですよ!

価格は2万5千円〜3万円くらいが相場のようで、楽天などの通販サイトで購入可能です。

では、口コミを見てみましょう。

クッションはかなり感触良かったですが、ホールド感があって、ストップした時の固さが気になりました。

またソールのパターンのせいか、もう少しグリップしてくれると良かったかなと思います。若干滑ります。

着用した感触ですが、まず足の幅が広い方はハーフサイズアップをお勧めします。
シューズの幅が結構狭かったです。

シューズにストラップが搭載されているせいもあって、かなりがっちりホールドされる感覚でした。KD自身がアキレス腱の怪我により、長期離脱をしていたため、そういったところも気にしたのかもしれません。

デュラント選手がアキレス腱断裂した後に作られたものですので、ガッチリホールド感があります。

レビューでも書かれているように、ハーフサイズ大きめの購入をオススメします。

KD13の値段や購入方法


(https://bit.ly/3wm2Oup)

2020年4月に販売されたバッシュです。

フルレングスのクッショニングと、協力な前足部のユニットを搭載。

アスリートのプレーをサポートしてくれます。

このEPバージョンは、屋外コートで優れた耐久性を発揮するアウトソールを使用しています。

値段は1万円以下から3万円前後のものまで幅広くなっており、楽天などネット通販で購入可能です。

では、口コミを見てみましょう。

軽量なこのナイロン素材は通気性が抜群で、プレー中の熱で感じる足への不快感を軽減してくれる点も嬉しいポイントです。

形状維持に優れているので、天然皮革(レザー)素材のアッパーのような伸びによるサイズの変化が少ないのがGood!

通気性が抜群は嬉しいですよね!

KD12の値段と購入方法


(https://amzn.to/3xtSBO4)

デュラント選手が2019年のプレイオフで着用していたバッシュで、2019年4月に発売しました。

アキレス腱断裂で全休した2019-20シーズンには、多くのNBAプレイヤーがKD12を履いてプレーしていました。

値段は3万円から高いもので6万円前後で販売されています。

楽天などネット通販で購入でき、中古も販売しているので中古で良ければ1万円以下で購入可能です。

では、口コミを見てみましょう。

きれいなコートでは、トラクションはとてもいいです。ほこりだらけのコートでは、数回滑りました。

ズームユニットに直接乗る感覚で、とても気持ちがいいです。接地感の感触は中程度で、衝撃保護は優れており、反発性があります。

ほこりがあるコートでは滑りやすいと感じた方もいるようので、その点を考慮して購入してくださいね。

バッシュなどの道具も大切ですが、フロアも大切です。

ケガ防止のためにも、モップがけはしっかりとしたいですね。

KD11の値段と購入方法


(https://bit.ly/3AKXcgI)

デュラント選手が、ゴールデンステートでのラストイヤーとなった2018-19シーズンに着用したバッシュです。

ソールに驚くべき汎発性を誇るNike React FormとNike Zoom Airを重ねて搭載した一足です。

値段は2万円前後から高いもので6万円後まであり、楽天などネット通販で購入可能です。

では、口コミを見てみましょう。

「甲高殺し」と言われているKDシリーズですが、KD11は比較的甲が高い人でも問題なく履けると思います。

アッパーの足当たりはいいですし、グリップの普通に効きます。クッションが厚めで「乗っている感」があり接地感はフラットなので長く愛用できそうです!

KDシリーズは甲が低いものが多いので、甲高の人は履きたくても履けなかったという方もいます。

KD11は甲高の人でも安心して着用できますね!

KD10の値段と購入方法


(https://bit.ly/3jZSs0H)

デュラント選手が2017-18シーズンに着用したバッシュです。

最先端のフライトニットを採用し、伸縮性が低く頑強な糸をホールドの必要部位に採用。

また、履き口や前足部分に最新テクノロジーを使っており、バスケ向けのサポートとソックスのように足を包む履き心地も特徴です。

値段はレディースであれば2万円代、メンズであれば5万円から7万円前後で楽天などネット通販などで購入可能となっています。

そして、カラーによっては100万円を超えるものもありました。

では、口コミを見てみましょう。

バッシュの部類では軽いバッシュに入るようですが、想像していたより重かったです。

エアズームストロベルが入っているのでクッション性抜群!

意外に重たかったと言われている方もいますので、購入する際は実際に見に行って購入することをオススメします。

KD9の値段と購入方法


(https://bit.ly/3yBXSmF)

ゴールデンステイト・ウォリアーズに移籍した2016-17シーズンに着用していたバッシュです。

フィット性とホールド力を向上したことが特徴です。

トンネル構造にフライニットアッパーを編むことで、一本の糸で足全体を包めるようになり、横の動きをしっかり支えることができるようになっています。

値段は新品であれば2万円から3万円前後、中古であれば1万円代で楽天などネット通販で購入可能です。

では、口コミを見てみましょう。

クッション性は抜群で、グリップ力も最高です!

レギュラーモデルよりも深い位置までレースパターンがあるので、特に中足骨横辺りのフィッティングに自由度が出ます!

動きやすそうなバッシュですね!

KD8の値段と購入方法


(https://bit.ly/3hYFPk7)

オクラホマシティ・サンダーでのラストステージとなった2015-16シーズンに着用したバッシュです。

ナイキバスケットボールが初めて採用する「フライウィーブアッパー」という、関節のような節がついたフルレングスズームという二つのテクノロジーが盛り込まれています。

値段は2万円から4万円前後が相場で、楽天などのネット通販で購入可能です。

では、口コミを見てみましょう。

足入れは窮屈に感じましたが、入ってしまえば心地よくしっかりホールドしてくれます。

少し甲が低い感じがするので、甲高の人はハーフサイズアップして購入してください!

甲が狭いと言われているKDシリーズ。

KD8も少し甲が低いので、購入する方は注意してくださいね!

KD7の値段と購入方法


(https://bit.ly/3ANFR6Y)

2014-15シーズンに着用していたバッシュです。

デザイン性と履いた時のクッション性が重視されており、シューズのつま先には大きなスウッシュ、大胆なデザインは見る人に大きなインパクトを与えます。

値段は3万円から5万円前後で、取り寄せの場合は1~2か月かかるみたいです。

カラーとサイズによっては100万円近いものもありました。

楽天などの通販サイトで購入可能となっています。

では、口コミを見てみましょう。

今まで色んなバッシュを履いてきましたが、ここまで足に密着するバッシュは初めてです!

幅が狭いので、試着して買わないと後悔することになるかも。

密着度に驚いた方もいますね。

こちらもハーフサイズ上を購入するのが良いかと思われますね。

KD6の値段と購入方法


(https://amba.to/3e1dfgA)

自身初のシーズンMVPを受賞した2013-14シーズンに着用したバッシュです。

バースモデルはローカットのKDVIを採用しています。

値段は2万円から7万円前後と幅があしますが、中古の方は多いかもしれません。

中古であれば1万円以下で購入可能となっています。

では、口コミを見てみましょう。

見た目は重そうなのですが、実際履いてみたらランニングシューズより軽くパフォーマンス抜群です!

おしゃれで格好いい!

ビジュアル面でも人気なので、普段履きしても良いかもしれませんね!

KD5の値段と購入方法


(https://bit.ly/3k0eWPd)

2012-13シーズンに着用したバッシュです。

サポート力と反発力に優れたミッドソールを多方向へのトラクションと組み合わせ、優れたクッション性とコントロールを実現。

アッパーはレイヤー構造のミドルハイカットで、軽い履き心地と足首周りの固定感が持続します。

値段は中古では1万円以下、新品は少なくなってきており4万円から7万円ほどで、楽天などの通販サイトで販売されています。

では、口コミを見てみましょう。

クリーンなコートだったら安定的なグリップ力を発揮しますが、ダスティなコートだと若干ホコリが付きやすいですね。

クッショニングは良いです。

つま先からかかとにかけてのトランジッションが良好です!

シュータンが薄いとの口コミもあったので、購入時は考慮してくださいね。

KD4の値段と購入方法


(https://bit.ly/3hRRIZ3)

2011-12シーズンに着用したバッシュです。

アッパーは、軽さと通気性を実現したハイパーフューズ加工で、シューレース部分には足首を固定するインターレースフィットシステムを採用。

ソールには、フォアフットスムーズエアというKD抜群の瞬発力に耐える機能が搭載されています。

値段は2万円から3万円前後が多く、楽天など通販サイトで購入可能です。

では、口コミを見てみましょう。

すごく軽い!自分は一般的な足幅なので、フィットしますが、すぐに捻挫してしまいそうなバッシュって感じも。

履き心地抜群で、色んなバッシュを履いてきましたがKD4に戻りました。

KDに戻ったなんて意見もありますが、好みが分かれそうな一足でもありますね。

KD3の値段と購入方法


(https://bit.ly/3r08YPM)

2010-11シーズンに着用したバッシュです。

FLYWIREでホールドする前足部に重点を置き、カットを低く保ちます。

動き出しに合わせたフレックスグループと前足部ズームエアがスピードをサポートしてくれます。

値段は2万円前後で、楽天などの通販サイトで購入可能ですが、だいぶ前の商品になるため品数は多くありませんのであしからず。

では、口コミを見てみましょう。

思ったより軽かったです。

サイズはハーフサイズ上が良いかもしれません。

参考にしてくださいね。

KD2の値段と購入方法


(https://bit.ly/2TWfN8X)

NBA3年目の2009-10シーズンに着用したバッシュです。

今では、かなりレアなバッシュになるでしょうか。

値段は2万円前後で、楽天など通販サイトで残り僅かですが購入できます。

では、口コミを見てみましょう。

履き心地は、かかとにエアが入っていないので少し硬いかなという印象です。

ストラップが付いていますがなくてもあまり変わらない締め心地です。

エア好きには少し物足りないようですね。

KD1の値段と購入方法


(https://bit.ly/2Vx6AER)

デュラント選手初のシグネチャーモデルで2008-09シーズンに着用したバッシュです。

「多くの人が手に入れられるように」というデュラント選手の希望があり販売当時は12,500円という低価格でリリースされました。

現在、通販サイトなどでは販売されていないのですが、オークションでは3万円~4万円で取引されているようです。

かなりレアなバッシュですね。

「思ったより早く白い革が剥がれてしまう」などの口コミが見られました。

スポンサーリンク

ケビン・デュラントのプロフィール


(https://bit.ly/3ACLGnz)

名前:ケビン・ウェイン・デュラント(Kevin Wayne Durant)
生年月日:1988年9月29日
出身地:アメリカ合衆国ワシントンDC
身長:208cm
体重:107kg
ウィングスパン:225cm
ポジション:SF・PF
出身大学:テキサス大学
所属:ブルックリン・ネッツ

受賞歴と実績は以下の通りです。

・NBAチャンピオン 2回
・NBAファイナルMAP 2回
・シーズンMNP 1回
・オールスター出場 10回
・オールスターMVP 2回
・オールNBA1stチーム 6回
・得点王 4回
・新人王
・オリンピック金メダル 2回
・FIBAW杯金メダル 1回

小さいころからスポーツに熱中する少年で、中でもバスケットボールでメキメキと頭角を現しました。

11歳のころには後半戦だけで18得点を挙げるなどの経歴もあり、現在の姿を予想したかのような活躍ぶりですね。

208cmという長身にも関わらず、センターではなくスモールフォワードをこなす万能プレイヤーです。

まとめ

・NIKEと6年間で6千万ドルで契約を結んだ
・KDシリーズは楽天などで購入できる
・ケビン・デュラントのプロフィール

今回は、ケビン・デュラント選手について以上のことが分かりました。

幼少期からバスケットボールの才能はずば抜けていたとデュラント選手。

今後、どこまで活躍し続けるのかとても楽しみですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です