ドレイモンド・グリーンの年俸推移は?生涯収入はどのくらいになるの?

NBAリーグの中でも屈指のディフェンダーである「ドレイモンド・グリーン」選手。

パワフルな体を生かして相手を封じ込め、ハッスルできる選手ですよね!

そんなドレイモンド・グリーン選手ですが、

・年俸はどのくらいなの?
・今まではどのくらい貰ってきたの?
・生涯でどのくらいで稼ぐの?
・プロフィールも知りたい!

なんて疑問をお持ちのアナタのために、ドレイモンド・グリーン選手の年俸や生涯でどのくらい稼ぐのか、調査・まとめました!

ドレイモンド・グリーンの年俸推移は?


(https://bit.ly/2UQMpRN)

チームにとってなくてはならない存在であるドレイモンド・グリーン(以下、グリーン)選手。

チームに絶対的に必要なプレーヤーが、果たしてどのくらい稼いでいるのか気にますよね!

ドレイモンド・グリーンの年俸推移

さっそく、見ていきましょう!

こちらがグリーン選手の年俸推移です!

2012年-約8千万円

2013年-約9千万円

2014年-約1億1千万円

2015年-約15億5千万円

2016年-約17億1千万円

2017年-約18億円

2018年-約19億円

2019年-約20億円

2020年-約23億1千万円

年俸の伸び率が凄いグリーン選手。

1億円プレーヤーになってから、すぐに10億円プレーヤーになっていますね!

グリーン選手の年俸が大きく伸びた2015のシーズンは、チームメイトの負傷もありスターティングメンバーになります。

このチャンスを物にしたグリーン選手は、NBA最優秀守備選手賞を受賞する活躍でチームに貢献し優勝を掴みます。

このような活躍もあり、一気に15億円もの年俸アップに繋がりました!

夢がありますよね!

NBAの平均年俸はいくら?


(C:NBA)

グリーン選手の年俸が分かると、NBAの平均年俸が気になりますよね!

Basketball Referenceによると、2020年のNBAの平均年俸は「約800万ドル」です。

日本円に換算すると約8億2000万円と、世界のスポーツリーグの中でも最高峰と言われています。

2020年シーズンのグリーン選手の年俸は約23億円ですので、平均の約3倍近くの金額です!

それにしても平均の約8億2000万円でも、Bリーグとは残念ながら比べ物になりませんね。

ドレイモンド・グリーンの生涯収入は?


(https://bit.ly/3jpd2HR)

アメリカ代表としても活躍するグリーン選手。

色々な活動をしているNBA選手も多いですが、グリーン選手は目立った活動やメディアにもあまり出ていません。

また、スポンサー活動などもあまり無いようで、大金を得ている様子もありません。

しかし、チームからの契約金はとんでもないです!

ウォリアーズと4年106億円で契約延長!

1年で約26億円!?これが4年間確定です!

絶大な信頼と、活躍が見込まれている証拠だと思いますよね。

さて、2012年から2020年までの年俸を合計すると、約115億円です。

つまり、契約延長と合わせると、最低でも220億円の収入を得ることになります。

今後のNBAでの活躍を考えると「350億円」以上は稼ぐと思われますよね!

気持ちが変わってメディアへの露出も増えれば、さらに稼ぐことも想像されます。

いずれにせよ、凄い額であることに間違いはありませんね!

スポンサーリンク

ドレイモンド・グリーンのプロフィール


(https://bit.ly/35YM6qj)

名前:ドレイモンド・ジャマール・グリーン・シニア(Draymond Jamal Green Sr.)
出身地:アメリカ合衆国ミシガン州サギノー
生年月日:1990年3月4日
身長:198cm
体重:104kg
所属チーム:ゴールデンステート・ウォリアーズ(2012-)
ポジション:パワーフォワード

2013年シーズンにNBAキャリアをスタートさせたグリーン選手。

年々スタッツを伸ばし実力をつけてきましたが、2014年に大活躍します!

優勝したチームの中心選手として活躍し、チャンピオンを掴みました。

ただ、少々血の気が多いことでも知られますが、話題が尽きない選手ですよね!笑

これからも更にNBAを盛り上げてくれること間違いなしだと思います!

それでは、No.23に注目してプレーをご覧ください!

なんといってもパワフルナプレーが魅力です。

器用なパスにも注目ですね!

まとめ

・ドレイモンド・グリーンの年俸推移

・NBAの平均年俸は約800万ドルである

・生涯で350億円以上は稼ぐと思われる

・ドレイモンド・グリーンのプロフィール

今回は、ドレイモンド・グリーン選手について以上のことがわかりました。

NBAの中でも、着々と実力をつけてスターに上り詰めているグリーン選手。

これからも、グリーン選手の活躍から目が離せません。

日本でも見られることが楽しみです!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です