Bリーグの平均身長や体重・年齢はどのくらい?チーム別にも紹介!

Bリーグは2015年4月1日からが始まりました。

現在では、36チームが存在しています。

今回は、Bリーグのチーム比較として身長・体重・年齢比をみていきたいと思います。

どこにどんなチームがあって、どんな選手層なのか、しっかり確認してもらいたいと思います。

それでは今回は『Bリーグの平均身長や体重・年齢はどのくらい?チーム別にも紹介!』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

Bリーグの平均身長は?

まずはBリーグの平均身長をチェックしていきたいと思います。

各チームごとに、最高・最低身長の選手を紹介します。

※2020年5月時点のデータを参照しています。

B1-東地区

【レバンガ北海道】

選手総数:7名
最高身長:ファイ・パプ月瑠選手 200cm (ポジション:PF/C)
日本人最高身長:桜井良太選手 194cm (ポジション:SF)
最低身長:多嶋朝飛選手 173cm (ポジション:PG)
チーム平均:185.5cm

【秋田ノーザンハピネッツ】

選手総数:15名
最高身長:カディーム・コールビー選手 206cm (ポジション:F/C)
日本人最高身長:野本建吾選手 201cm (ポジション:F)
最低身長:細谷将司選手/長谷川暢選手 173cm (ポジション:PG/PG)
チーム平均:189.8cm

【宇都宮ブレックス】

選手総数:14名
最高身長:ライアン・ロシター選手 206cm (ポジション:F/C)
日本人最高身長:竹内公輔選手 206cm (ポジション:PF)
最低身長:田臥勇太選手 173cm (ポジション:PG)
チーム平均:190.6cm

【サンロッカーズ渋谷】

選手総数:14名
最高身長:ライアン・ケリー選手 211cm (ポジション:F)
日本人最高身長:杉浦佑成/野口大介選手 196cm (ポジション:SF/PF)
最低身長:山内盛久選手 175cm (ポジション:G)
チーム平均:192.6cm

【アルバルク東京】

選手総数:15名
最高身長:アレックス・カーク選手 211cm (ポジション:C)
日本人最高身長:竹内譲次選手 207cm (ポジション:F/C)
最低身長:津山尚大選手 178cm (ポジション:PG)
チーム平均:192.2cm

【千葉ジェッツ】

選手総数:14名
最高身長:ニック・メイヨ選手/ギャビン・エドワーズ選手 206cm (ポジション:PF/PF)
日本人最高身長:大宮宏正選手/小野龍猛選手 197cm (ポジション:PF/SF)
最低身長:富樫勇樹選手 167cm (ポジション:PG)
チーム平均:191.5cm

【東地区平均】

チーム総数:6チーム
最高身長:【サンロッカーズ渋谷】ライアン・ケリー選手 211cm (ポジション:F)
日本人最高身長:【アルバルク東京】竹内譲次選手 207cm (ポジション:F/C)
最低身長:【千葉ジェッツ】富樫勇樹選手 167cm (ポジション:PG)
全チーム平均:190.3cm

B1-中地区

【新潟アルビレックスBB】

選手総数:13名
最高身長:エグゼビア・ギブソン選手 211cm (ポジション:F/C)
日本人最高身長:鵜澤潤選手 196cm (ポジション:PF)
最低身長:森井健太選手 178cm (ポジション:PG)
チーム平均:193.3cm

【富山グラウジーズ】

選手総数:15名
最高身長:ジョシュア・スミス選手 210cm (ポジション:C)
日本人最高身長:山田大治選手 202cm (ポジション:PF)
最低身長:山口祐希選手 167cm (ポジション:PG)
チーム平均:192.7cm

【横浜ビー・コルセアーズ】

選手総数:13名
最高身長:レジナルド・ベクトン選手 206cm (ポジション:PF)
日本人最高身長:小原翼選手 198cm (ポジション:PF)
最低身長:田渡凌選手/生原秀将選手 180cm (ポジション:PG/PG)
チーム平均:190.2cm

【川崎ブレイブサンダース】

選手総数:16名
最高身長:ジョーダン・ヒース選手 208cm (ポジション:F/C)
日本人最高身長:熊谷尚也選手 195cm (ポジション:F)
最低身長:藤井祐眞選手 178cm (ポジション:G)
チーム平均:192.8cm

【三遠ネオフェニックス】

選手総数:11名
最高身長:太田敦也選手 206cm (ポジション:C)
日本人最高身長: 太田敦也選手 206cm (ポジション:C)
最低身長:鈴木達也選手 169cm (ポジション:PG)
チーム平均:188.4cm

【シーホース三河】

選手総数:14名
最高身長:ダニエル・ジョンソン選手 212cm (ポジション:F/C)
日本人最高身長:根來新之助選手 195cm (ポジション:F)
最低身長:熊谷航選手 173cm (ポジション:PG)
チーム平均:194.0cm

【中地区平均】

チーム総数:6チーム
最高身長:【新潟アルビレックスBB】エグゼビア・ギブソン選手 211cm (ポジション:F/C)
日本人最高身長:【富山グラウジーズ】山田大治選手 202cm (ポジション:PF)
最低身長:【富山グラウジーズ】山口祐希選手 167cm (ポジション:PG)
全チーム平均:191.9cm

B1-西地区

【名古屋ダイヤモンドドルフィンズ】

選手総数:14名
最高身長:ヒルトン・アームストロング選手 211cm (ポジション:F/C)
日本人最高身長:張本天傑選手 197cm (ポジション:F)
最低身長:笠井康平選手 175cm (ポジション:PG)
チーム平均:190.7cm

【滋賀レイクスターズ】

選手総数:14名
最高身長:クレイグ・ブラッキンズ選手 208cm (ポジション:F/C)
日本人最高身長:シェーファーアヴィ幸樹選手 205cm (ポジション:F/C)
最低身長:齋藤拓実選手 171cm (ポジション:PF)
チーム平均:191.3cm

【京都ハンナリーズ】

選手総数:15名
最高身長:ジェシー・ゴーバン選手 211cm (ポジション:F/C)
日本人最高身長:鶴田美勇士選手/永吉佑也選手 198cm (ポジション:F/C/F/C)
最低身長:久保田義章選手 175cm (ポジション:PG)
チーム平均:190.2cm

【大阪エヴェッサ】

選手総数:15名
最高身長:ショーン・オマラ選手/ジョシュ・ハレルソン選手 208cm (ポジション:C/F/C)
日本人最高身長:小阪彰久選手 198cm (ポジション:PF)
最低身長:畠山俊樹選手 170cm (ポジション:G)
チーム平均:188.3cm

【島根スサノオマジック】

選手総数:15名
最高身長:ブライアン・クウェリ選手 211cm (ポジション:C)
日本人最高身長:頓宮裕人選手 198cm (ポジション:F/C)
最低身長:神里和選手 171cm (ポジション:PG)
チーム平均:188.8cm

【琉球ゴールデンキングス】

選手総数:15名
最高身長:ジャック・クーリー選手 206cm (ポジション:C)
日本人最高身長:満原優樹選手 198cm (ポジション:F/C)
最低身長:税所寛選手 173cm (ポジション:PG)
チーム平均:189.2cm

【西地区平均】

チーム総数:6チーム
最高身長:【名古屋ダイヤモンドドルフィンズ】ヒルトン・アームストロング選手 211cm (ポジション:F/C)【京都ハンナリーズ】ジェシー・ゴーバン選手 211cm (ポジション:F/C)【島根スサノオマジック】ブライアン・クウェリ選手 211cm (ポジション:C)
日本人最高身長:【滋賀レイクスターズ】シェーファーアヴィ幸樹選手 205cm (ポジション:F/C)
最低身長:【大阪エヴェッサ】畠山俊樹選手 170cm (ポジション:G)
全チーム平均:189.7cm

全体の平均身長

【東地区平均】全6チーム平均:190.3cm

【中地区平均】全6チーム平均:191.9cm

【西地区平均】全6チーム平均:189.7cm

という結果で、36チーム平均は190.6cmでした。

やはり、バスケット選手の平均身長は190cm台と高いですね。

スポンサーリンク

Bリーグの平均体重は?

次に、平均体重をみていきましょう。

バスケ選手は細身のイメージがありますが、どうなのでしょうか?

B1-東地区

【レバンガ北海道】

最高体重:ケネディ・ミークス選手 110kg (ポジション:F/C)
日本人最高体重:川邉亮平選手 90kg (ポジション:SF)
最低体重:多嶋朝飛選手 73kg (ポジション:PG)
チーム平均:85.1kg

【秋田ノーザンハピネッツ】

最高体重:カディーム・コールビー選手 114kg (ポジション:F/C)
日本人最高体重:野本建吾選手 101kg (ポジション:F)
最低体重:大浦颯太選手 67kg (ポジション:PG)
チーム平均:91.2kg

【宇都宮ブレックス】

最高体重:ジェフ・ギブス選手 110kg (ポジション:F/C)
日本人最高体重:橋本晃佑選手 105kg (ポジション:PF)
最低体重:田臥勇太選手 76kg (ポジション:PG)
チーム平均:91.7kg

【サンロッカーズ渋谷】

最高体重:セバスチャン・サイズ選手 106kg (ポジション:F/C)
日本人最高体重:杉浦佑成選手 95kg (ポジション:SF)
最低体重:山内盛久選手 75kg (ポジション:G)
チーム平均:93.0kg

【アルバルク東京】

最高体重:アレックス・カーク選手 114kg (ポジション:C)
日本人最高体重:平岩玄選手 105kg (ポジション:C)
最低体重:正中岳城選手 78kg (ポジション:SG)
チーム平均:93.4kg

【千葉ジェッツ】

最高体重:ニック・メイヨ選手 113kg (ポジション:PF)
日本人最高体重:大宮宏正選手 99kg (ポジション:PF)
最低体重:富樫勇樹選手 65kg (ポジション:PG)
チーム平均:91.5kg

【東地区平均】

最高体重:【秋田ノーザンハピネッツ】カディーム・コールビー選手 114kg (ポジション:F/C)【アルバルク東京】最高体重:アレックス・カーク選手 114kg (ポジション:C)
日本人最高体重:【宇都宮ブレックス】橋本晃佑選手 105kg (ポジション:PF)
最低体重:【千葉ジェッツ】富樫勇樹選手 65kg (ポジション:PG)
全チーム平均:90.9kg

B1-中地区

【新潟アルビレックスBB】

最高体重:エグゼビア・ギブソン選手 125kg (ポジション:F/C)
日本人最高体重:髙橋浩平選手/鵜澤潤 103kg (ポジション:PF/PF)
最低体重:五十嵐圭選手 73kg (ポジション:PG)
チーム平均:94.2kg

【富山グラウジーズ】

最高体重:ジョシュア・スミス選手 138kg (ポジション:C)
日本人最高体重:山田大治選手 105kg (ポジション:PF)
最低体重:山口祐希選手 67kg (ポジション:PG)
チーム平均:93.2kg

【横浜ビー・コルセアーズ】

最高体重:レジナルド・ベクトン選手 116kg (ポジション:PF)
日本人最高体重:小原翼選手 105kg (ポジション:PF)
最低体重:田渡凌選手/竹田謙/生原秀将 80kg (ポジション:PG/SG/PG)
チーム平均:92.6kg

【川崎ブレイブサンダース】

最高体重:ニック・ファジーカス選手 114kg (ポジション:C)
日本人最高体重:鎌田裕也選手 112kg (ポジション:F/C)
最低体重:藤井祐眞選手/篠山竜青 75kg (ポジション:G/PG)
チーム平均:92.0kg

【三遠ネオフェニックス】

最高体重:太田 敦也選手 112kg (ポジション:C)
日本人最高体重:太田 敦也選手 112kg (ポジション:C)
最低体重:鈴木 達也選手 67kg (ポジション:PG)
チーム平均:86.2kg

【シーホース三河】

最高体重:ダバンテ・ガードナー選手 132kg (ポジション:PF)
日本人最高体重:根來新之助選手 95kg (ポジション:F)
最低体重:長野誠史選手 75kg (ポジション:PG)
チーム平均:93.6kg

【中地区平均】

最高体重:【富山グラウジーズ】ジョシュア・スミス選手 138kg (ポジション:C)
日本人最高体重:【川崎ブレイブサンダース】日本人最高体重:鎌田裕也選手 112kg (ポジション:F/C)【三遠ネオフェニックス】日本人最高体重:太田 敦也選手 112kg (ポジション:C)
最低体重:【富山グラウジーズ】山口祐希選手 67kg (ポジション:PG)【三遠ネオフェニックス】鈴木 達也選手 67kg (ポジション:PG)
全チーム平均:91.9kg

B1-西地区

【名古屋ダイヤモンドドルフィンズ】
最高体重:ジャスティン・バーレル選手 111kg (ポジション:F/C)
日本人最高体重:張本天傑選手 100kg (ポジション:F)
最低体重:笠井康平選手 75kg (ポジション:PG)
チーム平均:89.2kg

【滋賀レイクスターズ】

最高体重:クレイグ・ブラッキンズ選手 117kg (ポジション:F/C)
日本人最高体重:荒尾岳選手 105kg (ポジション:PF)
最低体重:齋藤拓実選手 66kg (ポジション:PG)
チーム平均:89.7kg

【京都ハンナリーズ】

最高体重:デイヴィッド・サイモン選手 120kg (ポジション:C)
日本人最高体重:永吉佑也選手 115kg (ポジション:F/C)
最低体重:村上直選手 72kg (ポジション:PG)
チーム平均:91.3kg

【大阪エヴェッサ】

最高体重:ジョシュ・ハレルソン選手 125kg (ポジション:F/C)
日本人最高体重:小阪彰久選手 102kg (ポジション:PF)
最低体重:畠山俊樹選手 70kg (ポジション: G)
チーム平均:91.3kg

【島根スサノオマジック】

最高体重:ブライアン・クウェリ選手 118kg (ポジション:C)
日本人最高体重:頓宮裕人選手 100kg (ポジション:F/C)
最低体重:神里和選手 65kg (ポジション:PG)
チーム平均:88.0kg

【琉球ゴールデンキングス】

最高体重:ジャック・クーリー選手 112kg (ポジション:C)
日本人最高体重:田代直希選手 90kg (ポジション:SF)
最低体重:並里成選手 72kg (ポジション:PG)
チーム平均:84.4kg

【西地区平均】

最高体重:【大阪エヴェッサ】最高体重:ジョシュ・ハレルソン選手 125kg (ポジション:F/C)
日本人最高体重:【京都ハンナリーズ】永吉佑也選手 115kg (ポジション:F/C)
最低体重:【島根スサノオマジック】神里和選手 65kg (ポジション:PG)
全チーム平均:88.9kg

全体の平均体重

【東地区平均】全チーム平均:90.9kg

【中地区平均】全チーム平均:91.9kg

【西地区平均】全チーム平均:88.9kg

という結果で、36チーム平均90.2kgでした。

全体的な差異はあまりありませんでしたね。

体重が軽い選手だと60㎏台なので、体重差は結構ありますよね。

スポンサーリンク

Bリーグの平均年齢は?

では、最後に年齢をみていきましょう。

B1-東地区

【レバンガ北海道】

最高年齢:折茂武彦選手 49歳 (ポジション:SG)
日本人最高年齢:折茂武彦選手 49歳 (ポジション:SG)
最低年齢:杉本天昇選手 21歳 (ポジション:SG)
チーム平均:29.6歳

【秋田ノーザンハピネッツ】

最高年齢:ウィリアムス・ニカ選手 32歳 (ポジション:C)
日本人最高年齢:古川孝敏選手 32歳 (ポジション:G/F)
最低年齢:西野曜選手 21歳 (ポジション:SF)
チーム平均:27.1歳

【宇都宮ブレックス】

最高年齢:ジェフ・ギブス選手 39歳 (ポジション:F/C)
日本人最高年齢:田臥勇太選手 39歳 (ポジション:PG)
最低年齢:テーブス海選手/山口颯斗 21歳 (ポジション:PG/G/F)
チーム平均:30.5歳

【サンロッカーズ渋谷】

最高年齢:野口大介選手 36歳 (ポジション:PF)
日本人最高年齢:野口大介選手 36歳 (ポジション:PF)
最低年齢:盛實海翔選手 22歳 (ポジション:SG)
チーム平均:28.3歳

【アルバルク東京】

最高年齢:正中岳城選手 35歳 (ポジション:SG)
日本人最高年齢:正中岳城選手 35歳 (ポジション:SG)
最低年齢:小酒部泰暉選手 21歳 (ポジション:SG)
チーム平均:27.8歳

【千葉ジェッツ】

最高年齢:マイケル・パーカー選手 38歳 (ポジション:PF)
日本人最高年齢:大宮宏正選手 36歳 (ポジション:PF)
最低年齢:ニック・メイヨ選手/ラシードファラーズ選手 22歳 (ポジション:PF/PF)
チーム平均:29.2歳

【東地区平均】

最高年齢:【レバンガ北海道】折茂武彦選手 49歳 (ポジション:SG)
日本人最高年齢:【レバンガ北海道】折茂武彦選手 49歳 (ポジション:SG)
最低年齢:【レバンガ北海道】杉本天昇選手 21歳 (ポジション:SG)【秋田ノーザンハピネッツ】西野曜選手 21歳 (ポジション:SF)【宇都宮ブレックス】テーブス海選手/山口颯斗 21歳 (ポジション:PG/G/F)【アルバルク東京】小酒部泰暉選手 21歳 (ポジション:SG)
全チーム平均:28.7歳

B1-中地区

【新潟アルビレックスBB】

最高年齢:五十嵐圭選手 40歳 (ポジション:PG)
日本人最高年齢:五十嵐圭選手 40歳 (ポジション:PG)
最低年齢:星野曹樹選手 22歳 (ポジション:SF)
チーム平均:30.0歳

【富山グラウジーズ】

最高年齢:山田大治選手38歳 (ポジション:PF)
日本人最高年齢:山田大治選手38歳 (ポジション:PF)
最低年齢:飴谷由毅選手 21歳 (ポジション:G/F)
チーム平均:29.5歳

【横浜ビー・コルセアーズ】

最高年齢:竹田 謙選手 41歳 (ポジション:SG)
日本人最高年齢:竹田 謙選手 41歳 (ポジション:SG)
最低年齢:赤穂 雷太選手/菅原 暉選手 21歳 (ポジション:SG/PG)
チーム平均:26.9歳

【川崎ブレイブサンダース】

最高年齢:ジャマール・ソープ選手 35歳 (ポジション:PF)
日本人最高年齢:大塚裕土選手 32歳 (ポジション:SG)
最低年齢:水野幹太選手 21歳 (ポジション:PG)
チーム平均:27.3歳

【三遠ネオフェニックス】

最高年齢:岡田 慎吾選手 36歳 (ポジション:SG)
日本人最高年齢:岡田 慎吾選手 36歳 (ポジション:SG)
最低年齢:ダシルバ ヒサシ選手 20歳 (ポジション:SG)
チーム平均:27.6歳

【シーホース三河】

最高年齢:桜木ジェイアール選手 43歳 (ポジション:PF)
日本人最高年齢:川村卓也選手 34歳 (ポジション:G)
最低年齢:岡田侑大選手 21歳 (ポジション:G)
チーム平均:29.7歳

【中地区平均】

最高年齢:【横浜ビー・コルセアーズ】竹田 謙選手 41歳 (ポジション:SG)
日本人最高年齢:【横浜ビー・コルセアーズ】竹田 謙選手 41歳 (ポジション:SG)
最低年齢:【三遠ネオフェニックス】ダシルバ ヒサシ選手 20歳 (ポジション:SG)
全チーム平均:28.5歳

B1-西地区

【名古屋ダイヤモンドドルフィンズ】

最高年齢:ヒルトン・アームストロング選手 35歳 (ポジション:F/C)
日本人最高年齢:中務敏宏選手 34歳 (ポジション:G/F)
最低年齢:西田優大選手 21歳 (ポジション:SG)
チーム平均:28.1歳

【滋賀レイクスターズ】

最高年齢:ジェフ・エアーズ選手 33歳 (ポジション:PF)
日本人最高年齢:伊藤大司選手 33歳 (ポジション:PG)
最低年齢:シェーファーアヴィ幸樹選手/前田怜緒選手 22歳 (ポジション:F/C/G/F)
チーム平均:28.0歳

【京都ハンナリーズ】

最高年齢:デイヴィッド・サイモン選手 37歳 (ポジション:C)
日本人最高年齢:岡田優介選手 35歳 (ポジション:SG)
最低年齢:寺嶋良選手/ジェシー・ゴーバン選手/中村太地選手/大庭岳輝選手/久保田義章選手 22歳 (ポジション:PG/F/C/G/SG/PG)
チーム平均:28.0歳

【大阪エヴェッサ】

最高年齢:アイラ・ブラウン選手 37歳 (ポジション:F)
日本人最高年齢:今野翔太選手 35歳 (ポジション:G/F)
最低年齢:今村拓夢選手 22歳 (ポジション:G/F)
チーム平均:28.0歳

【島根スサノオマジック】

最高年齢:佐藤公威選手 36歳 (ポジション:SG)
日本人最高年齢:佐藤公威選手 36歳 (ポジション:SG)
最低年齢:大﨑翔太選手 22歳 (ポジション:G/F)
チーム平均:28.2歳

【琉球ゴールデンキングス】

最高年齢:石崎巧選手 35歳 (ポジション:G)
日本人最高年齢:石崎巧選手 35歳 (ポジション:G)
最低年齢:ナナーダニエル弾選手/牧隼利選手 22歳 (ポジション:PF/SG)
チーム平均:28歳

【西地区平均】

最高年齢:【京都ハンナリーズ】デイヴィッド・サイモン選手 37歳 (ポジション:C)【大阪エヴェッサ】アイラ・ブラウン選手 37歳 (ポジション:F)
日本人最高年齢:【島根スサノオマジック】佐藤公威選手 36歳 (ポジション:SG)
最低年齢:【名古屋ダイヤモンドドルフィンズ】西田優大選手 21歳 (ポジション:SG)
全チーム平均:28.0歳

全体の平均年齢

【東地区平均】全チーム平均:28.7歳

【中地区平均】全チーム平均:28.5歳

【西地区平均】全チーム平均:28.0歳

という結果で、36チーム平均28.4歳でした。

最高年齢は、【レバンガ北海道】折茂武彦選手 49歳でしたね。

49歳と28歳が同じコートで走り回っていると思うと、本当にすごいと思います。

※折茂武彦選手は2019-20シーズンで引退することを発表しましたが、2020年5月時点のデータとして入れてあります。

スポンサーリンク

まとめ

・36チーム平均身長は190.6cm

・36チーム平均体重は、90.2kg

・36チームの平均年齢は、28.4歳

今回は平均データをまとめてみました。

意外と身長・体重・年齢に幅があることもわかりましたね。

外国籍の選手はやはり身長も体重もありますし、小柄な日本人選手も多く活躍していることもわかりました。

同じコートで走り回るためには技術はもちろんですが、フィジカル面も強みになります。

今回は、そんなフィジカル面をフューチャーできたのではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です