高田真希(バスケ)は結婚してる?身長やバッシュ・高校までwiki風プロフィール紹介!

デンソーアイリスの高田真希選手。

日本代表の座にも君臨している選手の1人ですよね。

最年長ではありますが、若手を引っ張っている選手です。

今回はそんな高田選手に迫るべく『高田真希(バスケ)は結婚してる?身長やバッシュ・高校までwiki風プロフィール紹介!』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

高田真希の彼氏や結婚は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

じぇーむちゅありがとう 嬉しい #じぇーむちゅ

髙田真希(@maki_takada)がシェアした投稿 –

こんな動画がアップされていたので「息子さんかな?」と思いましたが、どうやら知人の息子さんのようですね。

SNSを探っていたら、こんなものが出てきました。

今年の干支にちなんでいますよね。

もし、結婚してたら家族写真になると思うのでお一人なのでしょう。

彼氏はいるのかなと探ってみましたが、なかなか情報はありませんでした。

プライベートの写真も女性との2ショット。

しかも高田真希選手のほうがイケメンに見えてしまいます!

そして、何より多いのが食事の写真!

 

この投稿をInstagramで見る

 

そろそろ日本食がたべたい… 日本にいる間に食べたお寿司美味しかったな〜🤤 写真で我慢😭

髙田真希(@maki_takada)がシェアした投稿 –

お肉の写真が多いので、魚より肉派なのかもしれません。

誰と行っているのか気になるところですが、そこは明かされていないことのほうが多いです。

彼氏なのでしょうか?

30歳というお年でもあるので、いてもおかしくはありませんよね。

しかしオリンピックイヤーなので、今はオリンピックに焦点があっているのではないでしょうか。

高田真希の高校は?

高田真希選手(以下、高田選手)の、卒業した高校は桜花学園です。

出身が愛知県ということもあり、愛知にある強豪校に通っていたのですね。

当時の監督井上眞一先生に声をかけてもらったのが理由なのだそうです。

桜花学園は愛知県の生徒だけでなく、全国から集まってくる屈指の強豪校なので、その監督に声をかけられるとは相当の腕前を持っていたのですね。

1年生からスタメン入りしていてゲームタイムもしっかり確保していたようです。

高校2年生:インターハイ優勝(2006年)

高校3年生:インターハイ優勝・ウインターカップ優勝(2007年)

の成績をおさめているところからすると、強豪校の中でもトップクラスの実力だったのだと思われます。

ウィンターカップではベスト5にも選ばれていたようです。

スポンサーリンク

高田真希のバッシュは?

高田選手は、バッシュはNIKEがお好きなようですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

アメトーークに触発されて😂 #aj11concord #jordan #nike #キモ撮り #KIMODORI #アメトーーク

髙田真希(@maki_takada)がシェアした投稿 –

さて、今はなにを履いているのか?

今もNIKEのようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

写真ありがとうございます📸✨

髙田真希(@maki_takada)がシェアした投稿 –

こちらは、NIKEの「レブロン16」だと思われます。

高田真希プロフィール

ではプロフィールの紹介です。


(https://bit.ly/2SxIKVc)

名前:高田 真希(たかだ まき)
コートネーム:リツ(「リ」バウンドを「つ」よく取る、からリツ)
生年月日:1989年8月23日(30歳)
身長:183cm
出身地:愛知県
出身校:桜花学園
所属チーム:デンソーアイリス(2008-)
ポジション:センター

高校を卒業し、社会人リーグ1年目ですぐにスタメン入りをします。

2008-2009ではルーキーオブザイヤーを獲得し、最高のスタートを切りました。

その後は得点王やリバウンド王、Wリーグベスト5に選出されたりMVPに選ばれたりと大車輪の活躍です。

その他、東アジア大会第3位(2009年)、FIBA女子アジアカップ第3位(2009,11年)優勝(2015,17年)、リオデジャネイロオリンピックベスト8(2016年)と、日本の中心核として代表メンバーを支えている支柱の1人です。

実際に、デンソーでも日本代表でもキャプテンを担っています。

ではNo.8に注目してプレーをご覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

・結婚していない様子

・高校は桜花学園で、インターハイ優勝などを経験している

・バッシュはNIKEを愛用している

今シーズンのデンソーのスローガンは「味わおう最高の時間」。

これはチーム全員で決めたのだそうです。

「どんな展開でも諦めずに戦う試合をたくさんの人に見てもらって何かを感じて欲しい」それが願いです。

今年行われるオリンピックでは「金メダル」を公言しています。

世界3位のオーストラリアや、昨年のワールドカップで敗れた中国を破ってアジアチャンピオンとなり、金メダルも無謀な目標ではないことを体現している女子日本代表チーム。

まずはWリーグから盛り上げてオリンピックにつなげられるよう「しっかり結果を出して、皆さんと最高の時間を味わいたいです。一試合一試合、心を込めて今後も戦っていきたいです」と強く語っています。

最年長として、日本代表をひっぱる姿にはキャプテンシーを感じますよね。

そこに自己研鑽を怠らずに日々努力している姿は、きっと若手メンバーにも伝わっていると思います。

さぁ、今年はオリンピックです。

是非、高田選手のプレーに期待したいですよね!!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です