トムホーバスのお嫁さんや日本語スキルは?wiki風プロフィール紹介!

女子バスケ日本代表の指揮官であるトムホーバス氏。

東京オリンピックを目前として、指揮官にも注目が集まっていますよね。

そこで今回は『トムホーバスのお嫁さんや日本語スキルは?wiki風プロフィール紹介!』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

トム・ホーバスの結婚やお嫁さんは?

トムホーバス氏は1990年に来日し、日本人女性と結婚しています。

お子さんは2人いるようです。

TwitterやInstagramなどSNSを利用していないため、家族写真などは見つけることができませんでした。

しかし、日本代表選手との関わり合いを見ていると、家族も仲良しなんだろうなと想像できますよね。


(https://bit.ly/2v1968M)


(https://bit.ly/2uXSEGA)

トム・ホーバスの日本語スキルは?

2017年1月より女子日本代表のヘッドコーチを務めています。

とても流暢な日本語を話します。

話すときには、人の目をしっかり見て話していらっしゃいますよね。

通訳がいらないくらいのスキルです。

通訳がいると変換されるため、生の言葉でなくなることがあります。

100%同じ意味になるかと言えば、多少のズレや意訳もあるかもしれません。

しかし、日本語が堪能であることは日本女子代表にとって、ストラテジー面や戦術における微妙なニュアンスもしっかり伝えることができますよね。

これは、プラスであることは間違いありません。

チームの采配をしっかり”伝える”こと、それを”理解する”ことがチームのムードを変えることにもなりますよね。

スポンサーリンク

「トム・ホーバス」プロフィール

ではプロフィールの紹介です。


(https://bit.ly/2RSkJrA)

名前:トム・ホーバス(Tom Wayne Hovasse)
生年月日:1967年1月31日(53歳)
身長:203cm
出身地: アメリカ合衆国 コロラド州デュランゴ

選手歴:スポーティングクラブ・オブ・ポルトガル(1989-1990)→トヨタ自動車(1990-1994)→アトランタ・ホークス(1994)→ピッツバーグ・ピラニアズ(英語版)(CBA)(1995)→トヨタ自動車(1995-2000)→東芝(2000-2001)

指導歴:JXサンフラワーズ コーチ就任(2010)→女子日本代表アシスタントコーチ就任(2011)→WNBAフェニックス・マーキュリーにてボランティアアシスタントコーチ就任(2012-2013)→JXアソシエイトヘッドコーチ(AHC)昇格、女子日本代表のアシスタントコーチ 就任(2014)→JXヘッドコーチ就任(2016)→女子日本代表ヘッドコーチ就任(2017-)

2020東京五輪でのメダル宣言


(https://bit.ly/2Ophm9H)

就任当初から、東京オリンピックでの金メダル獲得を公言してきた5人制女子バスケットボール日本代表トムホーバス氏。

準備段階である2019年には、アジアカップで4連覇を達成、さらにオリンピックプレ予選も難敵オーストラリアを破っての3戦全勝と、素晴らしい成績をおさめています。

ただノリに乗っているだけではなく、技術面も底上げができていること。

「重要なのは渡嘉敷(来夢)と吉田(亜沙美)が代表に復帰し、(赤穂)ひまわり、宮下(希保)、林(咲希)と若い選手たちがステップアップしてくれたことだ。

東京で金メダルを獲得する旅路において、重要かつ良い1年となった。」

と2019年を振り返っています。

中心となるプレーヤーはチームの基礎を分かっていて、そこに細かい技術面を積み上げていく段階のようです。

ただ、ここで新しい選手が入ると、チームの積み上げてきたものをイチから学ぶ必要があり、タフなことだとも感じているようです。

しかし、それが日本を背負う代表選手でもあります。

チームとして戦っている限り、主力であろうとなかろうと、約束事は徹して守らせることに注力しています。

「今、日本は世界のトップ5、トップ6にいると思う。

そこからNo.1になるには、まずケガ人をゼロにすること。

そして最も重要な時間帯にベストなプレーをすること。」

これを掲げ、チームの成長を願っているのがトムホーバス氏です。

スポンサーリンク

まとめ

・トムホーバス氏の家族は4人で奥様は日本人

・トムホーバス氏は日本語が流暢

・2010年から日本代表のコーチに就任しており、人望も厚い

・2020東京五輪のメダルを目標としている

日本バスケ女子代表も成績があがってきており、2020東京オリンピックでもメダルを狙える位置にあります。

現在、チーム編成に向けて選考を重ねている段階でしょうか。

選手も「オリンピック」というワードを出す選手も多いなか、どの選手が選考されて、どんな戦略でゲームメイクしていくかはトムホーバス氏のみぞ知るところになります。

今後の、日本バスケ女子代表の動きから目が離せませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です