ビビッとBリーグ

BリーグやWリーグ・バスケットに関する情報をお届けします

安間志織(バスケ)の彼氏や高校・大学は?wiki風プロフィール紹介!

time 2019/11/27

安間志織(バスケ)の彼氏や高校・大学は?wiki風プロフィール紹介!

2019年11月25日、Wリーグのオールスター 2019-2020 のTwitter投票による追加出場選手を発表し、トヨタ自動車アンテロープスの安間志織選手が選抜されました。

そこで今回は『安間志織(バスケ)の彼氏や高校・大学は?wiki風プロフィール紹介!』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

安間志織の彼氏は?


(https://bit.ly/2XN6h5K)

安間志織選手(以下、安間選手)の彼氏の存在で調べてみました。

なかなか、知りたい情報は出てきませんね。

過去の情報もTwitterなどで見てみましたが、出てきませんでした。

現在、3×3にも挑戦しており「楽しさ」を体感しているようです。

ボールの重さにシュート・ドリブル・パスともに力強く行わないと届かないという面があるようです。

おそらく、そのあたりの修正もかねてフィジカル面の強化もしていると考えると、バスケ漬けの日々なのかもしれませんね。

今回の調査では、いない様子としておきたいと思います。

安間志織の高校や大学は?

安間選手は、中村学園女子高校に在籍していました。

中村学園といえば、福岡県にあるバスケの名門高校ですよね。

全国高等学校総合体育大会の優勝や、全国高等学校バスケットボール選手権大会で何度も優勝している学校です。

在籍中は、インターハイ・ウィンターカップどちらも準優勝の成績をおさめています。

そして大学は拓殖大学へ進むことになります。

2017年1月、Wリーグの新しい制度アーリーエントリーで、トヨタ自動車アンテロープスに在籍することになりました。

新人選手がチームと契約して実際にプレーするには、規定の手順を経て大学や高校などの卒業をしてから加入するのが一般的です。

しかしアーリーエントリーを行うことにより、卒業を待たずに加入することができるようになりました。

最近は増えてきていますよね。

2017年には6名ほどでしたが、2018年には14名がこの制度を利用して活躍しています。

スポンサーリンク

安間志織の髪型がかっこいい

この動画のように、比較的ショートスタイルが多い安間選手。

日本代表のガードは、ショートが多いのはたまたまなのでしょうか。

吉田選手、町田選手もショートですよね。

しかし、カッコイイですよね。

チームの司令塔としてゲームメイキングする中、ショートスタイルの安間選手からは目が離せません。

やはりパス回しが速く、ドリブルも速いのでゲームメイキングが抜群。

プレーはもちろん、髪型にも今後注目していきたいですよね。

安間志織プロフィール

では、プロフィールの紹介です。


(https://bit.ly/37CwBnv)

名前:安間 志織(やすま しおり)
コートネーム:レン
生年月日:1994年7月22日(25歳)
身長:161cm
出身地:沖縄県
出身校:浜川小学校→北谷中学校→中村学園女高校→拓殖大学
所属チーム:トヨタ自動車(2016-) ※アーリーエントリーを利用
ポジション:ガード

【経歴】
全中優勝。
インターハイ・ウィンターカップ準優勝
拓殖大学進学後はインカレベスト8を経験
2017・2019ユニバーシアード出場
2018アジア競技大会出場

2019年ユニバーシアード競技大会決勝戦では敗戦するも、小柄な安間選手は、

「身長差があってもやれると思いました。

ドライブはいけると手ごたえを感じましたし、今回で得た自信をこれからに活かしていきたいです。」

と、取材に答えています。

そんなドライブも含めたプレーをNo15に注目してご覧ください。

身長差を物ともしない姿はたくましさを覚えますよね。

日本代表のガードには、吉田亜沙美選手、町田瑠唯選手、三好南穂選手というというリオ五輪を経験した3人がいます。

なかなかこの牙城を崩していくのは難しいですが、今後が楽しみな選手であるからこそ、Twitter投票による追加出場選手として選抜されたのでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

・彼氏はいない様子(?)

・高校は中村学園、大学は拓殖大学、アーリーエントリーでトヨタに入社

・髪型はショートスタイル

比較的小柄な選手の1人のため、武器になるものがないとなかなか試合起用のチャンスがありません。

3ポイントの精度など課題はたくさんあるものの、気迫だけは誰にも負けないものがあります。

チャンスをものにしたのは、2017年のユニバーシアードで、体調不良メンバの代わりに入ったことでした。

16アシストなどしっかりと数字で実績を残しています。

今後も、ポイントガードの中では選抜が混戦することは間違いないですが、ここからあがってきてくれるのを楽しみに、期待したいところです。

コートネームのレボリューション=信念を持ち、進化(成長)し続ける選手になるよう、革命を起こしてもらいたいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
水島沙紀がかわいい!彼氏はいるの?バッシュなどwiki風プロフィールも紹介!

スポンサーリンク

down

コメントする




この記事のトラックバック用URL