山下泰弘(バスケ)は結婚してる?バッシュや高校・大学などwiki風プロフィール紹介!

島根スサノオマジックのキャプテン、山下泰弘選手。

キャプテンというと、昨今でも色々なタイプのキャプテンシーを目にしますが、どんなキャプテンなのでしょうか?

どうやらきっちりした性格のようで、ルーティンは、「1日の最初のシュートは決める」だそうです。

ストイックですね。

今回は、バスケはもちろん、ライベートにも迫るべく『山下泰弘(バスケ)は結婚してる?バッシュや高校・大学などwiki風プロフィール紹介!』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

山下泰弘は結婚してる?


(https://bit.ly/2msqzTD)

山下泰弘選手(以下、山下選手)はオフの日の過ごし方について、

「家族がいるので、娘と一緒に買い物に行ったりゲームセンターに行ったりします。」

と取材で語っています。

どうやら結婚して娘さんが2人いらっしゃるようです。

家でも大黒柱として家族を支えているのですね。

残念ながら旅行へ行ったなどのTwitter投稿はありますが、家族写真のアップは控えている様子です。

温かい家庭なのですね。

Championが好き!

バスケの選手ではNIKEやアシックス好きはよく見ますが、山下選手はChampionがお好きなようです。

「趣味とかはあまりないんですけど、強いて上げるなら普段Championのウェアをよく着てるなと思って。」

「服の素材が良くて、自分にしっくり来たなっていうのがあるので、個人的にハマっていきましたね。」

と、東芝川崎ブレイブサンダース時代から愛用しているChampion。

男女問わず人気のブランドですよね。

何より、Championという言葉の縁起も担いでいるようです。

好きなファッションブランドの物を身に付けることで、自然とモチベーション維持にも貢献しているようですね。

また、こんなことも。

「娘もパパと一緒!って言ってChampionのロゴが入った服を着てたりするんです。」

これはかなり嬉しいですよね。

特に女の子は「パパ!」という時期が過ぎ去ると反抗期に入って「パパ」すら言わなくなる時期もありますから今が一番かわいいのかもしれません。

スポンサーリンク

山下泰弘のバッシュは?


(https://bit.ly/2mlS3Kh)

バッシュはアシックスが定番のようですね。

主にアシックスのゲルトライフォースSOを履いているようです。

スペシャルオーダーしているようですね。

ブルーのポイントが引き締まって見えます。

以前はトライフォース1をベースにカスタムできたのですが、2018年11月より、「ゲルトライフォース3」をベースにカスタマイズが可能となりました。

グリップ性・サポート性・安定性に優れているため、筋力のついた高校生以上のフォワードやセンターポジションのプレイヤーに人気のモデルのようです。

アシックスの中でもハイカットが際立っているのも特徴の1つです。

つまり、捻挫癖のある方や足首周りを強化したい方にもオススメの一足です。

足幅もスリム・レギュラー・ワイドから選べるので、どんな足形にも対応可能です。

自分好みのバッシュが手に入りますよ。

山下泰弘プロフィール


(https://bit.ly/2kHrsal)

名前:山下 泰弘(やました やすひろ)
コートネーム:やす、やまP
生年月日: 1986年5月19日(33歳)
身長:187cm
出身地:福岡県
出身校:戸畑小学校→飛幡中学校→福岡大学付属大濠高校→明治大学
所属チーム:東芝ブレイブサンダース(現川崎ブレイブサンダース)→ライジングゼファーフクオカ→島根スサノオマジック(現在)
ポジション:ポイントガード

小学2年生でバスケを始め、福岡大濠高校といえば、福岡の中でも有数のバスケ常連校ですよね。

明治大学は、少し低迷している成績ではありました。

2000年以降は2部に定着していましたが、2009年2部で優勝、1部に昇格を果たし2010年度、2012年度インカレ3位の好成績をおさめています。

ちょうど山下選手の時代であがってきた頃でしょうか。

さらに東芝入社後は、3度の優勝を経てBリーグが開幕した2016年から福岡へ移籍しています。

これは、地元のチームを盛り立てたいと強い覚悟を持って福岡へ移籍した形になります。

2016年から約4年は地元福岡に恩返しの意味も含めてプレーに没頭していた様子です。

家族にも恵まれており、

「子供たちの記憶に残るまでプレーしたいという気持ちはあります。娘2人には本当に癒やされています」

と取材でも語っています。

子ども好きなのでしょうか、福岡在籍時には、地元北九州市が主催するスポーツ振興事業の一環で、バスケを教える取り組みにも参加していたようです。

そして、今季は島根へ。

全中が松江市開催、2004年のインターハイは島根県、奥さんの出身も島根県。

そんな縁を大事にし「ここでキャリアを終えたい」という覚悟でやって島根に入ったようです。

ではプレーをご覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

・ファッションブランドで好きなのは「Champion」

・バッシュはアシックスのGELTRIFORCE3のカスタマイズ版

・家族は妻と娘2人

熱いプレーをしながらも平常心を持ってゲームをコントロールするのが、山下キャプテンの姿です。

東芝に入社後、地元福岡でキャプテンとしてもチームを引っ張り、今、島根の新天地にて2019年は再スタートをきっています。

1日の最初のシュートは決めるというルーティンを欠かさず行うほどのバスケマンが、今後島根でどんな活躍を見せてくれるのか、今季も山下選手に目が離せません。

きっと娘さんは私たち以上に応援していて、その応援がきっとハイパフォーマンスにつながっていることでしょう。

今季の目標は、まずはB1に定着することですね。

一つずつの試合を単にこなすだけでなく、意味のある試合を重ねていくことでチーム力を高めて、その結果として残留したいです。」

あえて、優勝を避けた目標。

これは後ろ向きではなく、前を見据え達成することで次へのモチベーションをチームに還元するための目標なのかもしれません。

これが山下選手なりのキャプテンシーなのかもしれませんね。

いつの日かB1Championになれるよう、応援していきたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です