野口大介のお嫁さんは元日本代表?!バッシュなどwiki風プロフも紹介!

2018-19シーズンも終盤を迎えるBリーグ。

決勝戦に駒を進める事ができなかったチームにも、個性的な選手が多く在籍しています。

レバンガ北海道の野口大介選手もその中の一人です。

野口大介選手は、女子バスケ元日本代表で活躍した船引まゆみさんとご結婚されています。

そこで今回は「野口大介のお嫁さんは元日本代表?!バッシュなどwiki風プロフも紹介!」と題して、野口大介選手のお嫁さんやバッシュ、プロフィールについてご紹介します。

どうぞ最後までお読みください。

お嫁さんは元日本代表?!


(https://bit.ly/2LBPzDP)

最初に野口大介選手のお嫁さんについてご紹介します。

野口大介選手は2013年4月4日に船引まゆみさん入籍して、2016年05月11日に女の子「和蓮(かれん)」ちゃんが産まれています。

夫婦そろってプロバスケットボール選手なので、個人のブログでもバスケットボールの話題がよく出ています。

とある記事では、

「試合には、娘も見にきてくれています。

娘は僕を「チチ」と呼ぶんですが、バスケットボールを見ると「チチの(物)」だと渡してくれますね。

娘の記憶に残るためにも小学生になるまでは頑張らないと。」
(https://bit.ly/2WDnMnF)

こんな微笑ましい内容も登場しています。

野口大介のバッシュは?

続いて野口大介選手のバッシュについてご紹介します。

野口大介選手はアンダーアーマーの「カリー3zero」を履いています。

カリー3zeroは、NBAのステファン・カリーのシグネチャーモデルです。

体重を掛けるとコートに張り付く感覚があり、ホコリにも強いという特徴があります。

また、アグレッシブなトラクションかつ優れた反発力とホールド力に魅力があります。

野口大介選手だけではなく多くのバスケットボール選手に支持をされているバッシュです。

スポンサーリンク

野口大介プロフィール


(https://bit.ly/2Hdxzvo)

最後に野口大介選手のプロフィールをご紹介します。

野口大介選手は1983年5月26日に北海道で生まれました。

北海道という土地柄、小さい時にはスキーに夢中になっていましたが、その頃からバスケットボールを始めました。

中学校卒業後は東海大学四高校へ進学して、1年時からレギュラーとして活躍して全国大会へ出場しています。

卒業後は日本体育大学へ進学して、4年時にインカレで3位になりました。

その後は民間企業へ務めた後にレラカムイ北海道へ入団し、つくばロボッツへのレンタル移籍を経て、レバンガ北海道へ入団しています。

北海道の地元選手なので、多くの期待を集めています。

まとめ

・奥さんは元日本代表の船引まゆみさん

・アンダーアーマーの「カリー3zero」を履いている

・高校時代から活躍をしていてレバンガ北海道の中心選手の一人

今回は「野口大介のお嫁さんは元日本代表?!バッシュなどwiki風プロフも紹介!」と題して、野口大介選手のお嫁さんやバッシュ、プロフィールについてご紹介しました。

これからの野口大介選手の活躍にも期待です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です