ビビッとBリーグ

BリーグやWリーグ・バスケットに関する情報をお届けします

Bリーグのスポンサー料金はどのくらい?クラブ収入上位はどこ?

time 2018/10/24

Bリーグのスポンサー料金はどのくらい?クラブ収入上位はどこ?

連日熱戦が続いているBリーグ、楽しんでいますか?

新入団選手もいればBリーグでの活躍をステップとして日本代表入りを狙う選手など、選手の頑張りで白熱した試合が繰り広げられているBリーグですが、チームの勝敗と同じく重要なのがそれぞれのチームの収入です。

そこで今回は、Bリーグのスポンサー料金や収入など、Bリーグの気になる懐事情についてご紹介します。

どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

スポンサー料金はどのくらい?

最初にご紹介するのはスポンサー料金です。

Bリーグに限らずプロ野球やJリーグ、バレーボールのVリーグなどスポンサーの支援があって成り立っているのがプロスポーツです。

そんな中、Bリーグもスポンサー料金も含めた収入でチームを運営していますが、実はBリーグではスポンサー料金の比率やなど詳細は公表されていません。

チームの年間売上高は、「チケット収入+スポンサー収入」を合わせて計算されます。

Bリーグに所属するそれぞれのチームは、チケット収入とスポンサー収入がメイン収入源となっています。

そのため、チケットがたくさん売れれば収入も増えますし、観客動員やチームの成績によって応援しようと思うスポンサーも増えていきます。

これはBリーグに限らずどのプロスポーツにも言えることですが、その中で気になるのがスポンサー比率です。

スポンサー比率は、基本的には全てのチームが約半数とみられますが、チームによっては70%以上の比率を保ってる可能性もあります。

70%以上の比率を保っている可能性があるチームは、Bリーグの前身NBLから支援を続けている親会社があるチームです。

具体的にはA東京・三河・川崎・名古屋D・渋谷の5チームです。

これらの企業はもともと企業がスポンサーなっているので、NBLからBリーグへ生まれ変わっても継続してスポンサーを続けている可能性は十分に考えられます。

クラブ収入上位は?

続いてはクラブ収入のトップ5をご紹介します。

以下のトップ5は2016年のデータです、最新のクラブ収入については分かり次第お伝えします。

【2016年Bリーグのクラブ収入上位】
1:大阪 11億6985万円
2:栃木 10億2505万円
3:川崎 9億5479万円
4:千葉 9億2851万円
5:三河 8億2932万円
B1リーグ平均=4億1577万4千円

トップ5を見てみると、この中にはBリーグが発足するまで大企業の母体だった旧企業チームが多く名を連ねています。

これらのチーム、は親会社が収入の大半を出資していますが、そんな中見事トップに躍り出たのは大阪です。

大阪の収入が延びた理由は、約500社にも及ぶ一件あたり数十万~数百万という小口スポンサーが増えたことです。

大阪を運営する社長さんにお話を伺うと、「億単位のスポンサーを獲得するにはなかなか大変なことだが、金額ではなく件数を多く稼げる可能性はあると信じていた」と話しています。

その努力が実を結び、約500に及ぶスポンサーが獲得できたそうです。

また、情に厚い大阪の国柄も功を奏した様で、厳密な費用対効果を説明するよりも「一緒に成長しましょう」と情に訴えかける営業方法もポイントだったそうです。

しかし、そこは浪花の商人らしくお金に関しては別の話だった様で、人間関係を築きつつお互いの理念や出資可能金額など、少しずつ話し合いながらスポンサー契約にこぎつけました。

商人の街大阪らしくお金の集め方が上手ですね。

スポンサーリンク

Bリーグ全体の売上は150億円


(https://toyokeizai.net/)

最後にご紹介するのはBリーグ全体の売上についてです。

最新のデータでは、Bリーグ全体の売上は約150億円で、B1リーグの平均が約6憶4000万円・B2リーグが約1億9000万円でした。

内訳を見ると、チームによって決算期のずれがあり正確なデータは出ていませんが、先ほどご紹介した親会社がバックについているチームは、NBL時代の収支や増資が含まれていない可能性があります。

その中でも赤字決算で終えているチームもあり、B1リーグでは新潟・北海道・滋賀が債務超過に陥っています。

赤字決算になった理由は、設備投資やチケット収入の低下など様々な理由がありますが、Bリーグを運営するのもなかなか大変な様です。

まとめ

・NBL時代からの親会社がバックについているチームもある

・2016年度では大阪がチーム収入トップ

・債務超過に陥っているチームがあるなどプロチーム運営の難しさも感じる

今回はBリーグのスポンサー収入やクラブ収入についてご紹介しました。

元々親会社がついているチーム以外では、大阪の様にあの手この手でスポンサー探しをしています。

その中で債務超過に陥るチームがあるなど、プロスポーツを運営する難しさも実感できたのではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
Bリーグは持ち込み(食べ物)できるの?観戦マナーとルールについて

スポンサーリンク

down

コメントする




この記事のトラックバック用URL