レブロン・ジェームズの年俸推移は?生涯収入はどのくらいになるの?

2019~2020年シーズンを対象とした「最も稼ぐNBA選手ランキング」で首位になった「レブロン・ジェームズ」選手。

NBA史上最高の選手との呼び声もありますね!

そんなレブロン・ジェームズ選手について、

・レブロン・ジェームズの年俸はどのくらい?

・今まではどのくらい貰ってきたの

・生涯でどのくらい稼ぐの?

なんて疑問をお持ちのアナタのために、ステフィン・カリー選手の年俸や生涯でどのくらい 稼ぐのか、調査・まとめました!

レブロン・ジェームズの年俸推移は?

まずは、レブロン・ジェームズ(以下、ジェームズ)選手の年俸推移についてです。

嘘みたいな数字が出てきますよ!

レブロン・ジェームズの年俸推移

こちらがジェームズ選手の年俸推移です!

2003年 – 約4憶3000万円

2004年 – 約4憶7000万円

2005年 – 約5憶3000万円

2006年 – 約6憶8000万円

2007年 – 約13憶4000万円

2008年 – 約13憶5000万円

2009年 – 約13憶8000万円

2010年 – 約11憶6000万円

2011年 – 約12憶8000万円

2012年 – 約17憶1000万円

2013年 – 約20憶2000万円

2014年 – 約24憶9000万円

2015年 – 約25憶

2016年 – 約34憶6000万円

2017年 – 約36憶6000万円

2018年 – 約38憶8000万円

2019年 – 約40憶4000万円

2020年 – 約40憶7000万円

2007年から年俸がグンとアップしていますね。

この時期は、グリーブランド・キャバリアーズをレギュラーシーズンカンファレンス1位に導き、初のシーズンMVPを受賞したときですね!

やはり、これだけの功績を残したら年俸もすごくアップしますね!

それ以降は少し下がる時期はありましたが上昇傾向です。

下がったと言ってもすごい金額ですが。笑

NBA の平均年俸はいくら?


(C:NBA)

Basketball Referenceによると、2020年のNBAの平均年俸は「約800万ドル」です。

日本円に換算すると約8億2000万円であり、世界中のスポーツリーグの中でも最高峰と言われています。

2020年のジェームズ選手の年俸は約40憶7000万円と、平均年俸の約5倍!

ケタ外れな数字であることが分かりますよ。

それにしても、平均約8億2000万円でもかなりの額ですよね!

レブロン・ジェームズの生涯収入は?


(https://bit.ly/3sNveeY)

年俸がどんどんアップしているレブロン・ジェームズ選手ですが、これまでに一体、そして障害でどれだけ稼ぐのでしょうか?

セレブたちの資産に特化した「Celebrity Net Worth」によれば、2020年現在のジェームズ選手の純資産は5憶ドル(519憶円)にも上ると言われています。

さて、バスケ以外ではスポンサー契約の収入もありますよね。

ジェームズ選手はこれまでに、「マクドナルド・マイクロソフト・ステートファーム保険・コカ・コーラ・サムスン」など、誰もが知る一流企業と契約を結んできているのです!

その他にも、企業家として投資にも積極的ですし、2021年8月に日本で劇場公開される映画「スペース・プレイヤーズ」でも、それなりの額を手にするでしょう。

そうなると、、

大雑把ですが600憶円、いや!大きく見積もって「700憶円」に届くかもしれません!

投資で大きく失敗などしなければ、孫の世代まで遊んで暮らせるような数字ですね!

スポンサーリンク

レブロン・ジェームズのプロフィール


(https://bit.ly/3vlRtux)

名前:レブロン・レイモン・ジェームズ・シニア(LeBron Raymone James Sr.)
生年月日:1984年12月30日
出身地:アメリカ合衆国 オハイオ州アクロン
血液型:AB型
身長:206cm
体重:113.5㎏
愛用シューズメーカー:ナイキ
背番号:23
ポジション:SF/PF
愛称:キング

【経歴】
2003-2010:クリーブランド・キャバリアーズ
2010-2014:マイアミ・ヒート
2014-2018:クリーブランド・キャバリアーズ
2018-  :ロサンゼルス・レイカーズ

【功績】
・NBAファイナリスト トリプルダブル達成数歴代1位
・シーズンMVP、NBA優勝、ファイナルMVP、オリンピック金メダルを全ての年に獲得(マイケルジョーダン以来2人目)
・12年連続シーズン平均25点5アシスト5リバウンド達成(史上初)
・キャリア通算30000得点9000アシスト9000リバウンド達成(史上初)
・スポーツ・イラストレイテッドによる「スポーツ・オブ・ザ・イヤー」を3回受賞(史上初)

ジェームズ選手は18歳でNBA入りすると、ほとんど毎月ルーキー・オブ・ザ・マンスに選出され、圧倒的な活躍を見せました。

その結果、当時は強豪とは言えなかったクリーブランド・キャバリアーズをプレーオフに進出させるチームへと進化させるのです!

しかし、個人のスタッツは素晴らしくてもチームとしてファイナルを勝って優勝リングを手にすることはできませんでした。

しかし、マイアミ・ヒートへ移籍し、低調期を乗り越えてファイナル2連覇を果たしてレブロン・ジェームズは、クリーブランド・キャバリアーズ復帰後も1度優勝リングを手にしています!

このように、レブロン・ジェームズは優勝請負人とも言えるのではないでしょうか!?

1人で得点を積み重ね、どのようなチームも強豪に変えてしまうことができるNBA唯一の存在と言っても良いかもしれませんね。

その後2018年にロサンゼルス・レイカーズへ移籍。

オールスターゲームでもキャプテンを務めるなど活躍しています。

それでは、ジェームズ選手のスーパープレイの数々をご覧ください!

言葉はいりませんね!

まとめ

・レブロン・ジェームズの年俸推移

・NBAの平均年俸は約800万ドル

・生涯で700憶円以上稼ぐのでは!

・レブロン・ジェームズのプロフィール

今回は、以上のことが分かりました。

年俸推移や生涯収入など、とてつもない金額でビックリでしたよね!

現在36歳ということですが、まだまだ現役で活躍できる勢いはあるでしょう!

今後の活躍もとても楽しみです!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

同じくNBAのスーパースター「ステフィン・カリー」の年俸についても↓
ステフィン・カリーの年俸推移は?生涯収入はどのくらいになるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です