玉木祥護(バスケ)の中学や高校は?彼女やバッシュなどwiki風プロフィール紹介!

レバンガ北海道所属の玉木祥護選手。

プロのスポーツ選手となると、幼い頃からその競技に触れていると思いきや、玉木祥護選手は高校からバスケを始めたという遅咲きなんです!

それでも日本代表に名を連ねるとは凄いですね!

そこで今回は『玉木祥護(バスケ)の中学や高校は?彼女やバッシュなどwiki風プロフィール紹介!』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

玉木祥護の中学や高校・大学は?


(https://bit.ly/2P4uPnf)

玉木祥護選手(以下、玉木選手)は、北海道の出身です。

「札幌市立向陵中学校」から「札幌市立旭丘高校」に進学し、卒業後は「筑波大学(体育専門学群)」へ進学しました。

上でも述べていますが、玉木選手がバスケを始めたのは高校1年生のとき。

ちなみに中学のときは野球部でしたが、あまり活躍できなかったそうです。

高校へは普通に受験して入学。

中学のときで身長190cmあったので、高校では身長を活かしたスポーツをやりたいと思っていた玉木選手。

漠然とバスケかバレーと思っていましたが、バスケ部への見学が先だったので、バスケ部への入部を決意。

強豪校ではありませんでしたが、野球と違い身長を活かして活躍でき、次第にバスケが楽しいと思うようになります。

そして高校2年生のとき、札幌選抜とトップエンデバーに選出され、3年生のときにはU-18の候補にも入り、バスケへの道を意識し始めます。

大学へ進んでからも高校からバスケを始めたこともあり、フォーメーション1つ覚えるのも大変だったそうです。

しかし、玉木選手の並々ならぬ苦労と努力があったのだと思います。

筑波大学在学中(2019年1月)に、特別指定選手として京都ハンナリーズに入団、そして同年6月17日にプロ契約しました。

玉木祥護の彼女や結婚は?

玉木選手の彼女や結婚についても気になるところですよね。

SNSや画像など、くまなく調べてみましたが、彼女や結婚に関する情報は見つかりませんでした。

結婚はしていない様子ですが、彼女はいても公表していない可能性もありますよね。

実は大学から付き合ってる方がいたりして?!

イケメンでスポーツ選手となればモテるはず!

しかし、プロになって間もない玉木選手なので、バスケに集中しているでしょうか。

ステキな女性に巡り合って欲しいですね!

スポンサーリンク

玉木祥護のバッシュは?

バスケットマンに欠かせないアイテムであるバッシュ。

玉木選手の試合や画像を見ると、アシックスのバッシュを愛用しています。

最近ではこちらの「NOVA SURGE」を紹介しています。


(https://bit.ly/3319p2v)

NOVA SURGEは、ミッドソールかかと部分に大型のGELとFLYTEFOAMを搭載し、とてもクッション性に優れたバッシュです。

そして前方部分には反発性に優れたFLYTEFOAM Propelを使っているので、スタート時のパフォーマンスをサポートします。

また、アウターソール全面にはグリップ性に優れたN.C.ラバーを使っています。

玉木祥護プロフィール


(https://bit.ly/3gaaZD4)

名前:玉木 祥護(たまき しょうご)
出身地:北海道札幌市
生年月日:1996年8月30日
身長:195cm
体重:93kg
ポジション:フォワード
所属チーム:京都ハンナリーズ(2019-2020)→レバンガ北海道(2020-)

高校からバスケを始めた玉木選手は、大学時代は「スキルがないのでセンターしかできません」と話していました。

しかし、京都ハンナリーズに入団してからハンドリングと3ポイントシュートを練習し、

ストレッチ4(主にパワーフォワードポジションのプレーヤー)へチャレンジしました。

京都ハンナリーズではあまり成果が見られませんでしたが、移籍先のレバンガ北海道は玉木選手の地元です!

是非、成果を見せて欲しいですね!

それでは、No.65に注目してプレーをご覧ください。

いかがでしょうか?

中に外にと、正に動けるビッグマンですね!

バスケ経験者は分かると思いますが、外から打てるビッグマンは守りにくいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

・向陵中学校から旭丘高校に、大学は筑波大学へ進んだ

・バスケを始めたのは高校から

・彼女や結婚に関する情報はなかった

・アシックスのバッシュを愛用している

・プロフィール

今回は、玉木祥護選手について以上のことが分かりました。

「地元北海道でプレーしたいという気持を長年持っていた。新型コロナウイルスが流行している状況で地元に活気を与えられるような選手になりたい」と話す玉木選手。

念願の地元で、大いに活躍して欲しいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です