石井講祐は結婚してる?バッシュや高校・血液型などwiki風プロフィール紹介!

千葉ジェッツふなばしから、2019年7月4日にサンロッカーズ渋谷へ移籍したばかりの石井講祐選手。

移籍早々に、今季の副主将にも選ばれ、

「副キャプテンを任せていただくことになりました。移籍してきて1年目で任せていただけることに感謝と責任を感じています。

新しく強くなったサンロッカーズ渋谷を魅せられるようチーム一丸で、努力していきます。」

とコメントしています。

また、石井講祐選手について調べてみると「田中利佳」なんてキーワードが。

今回は『石井講祐は結婚してる?バッシュや高校・血液型などwiki風プロフィール紹介!』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

石井講祐は結婚してる?


(https://bit.ly/2mSdOl6)

どうやら石井講祐選手(以下、石井選手)は結婚していてお子さんはまだのようですね。

石井選手といえば、メンバーともに公認の「おにぎり王子」です。

おにぎりの年間消費量がいちばん多いのが石井選手だそうで、握っているのは1年半前に結婚された年上の奥様なんだそうです。

おにぎりが好きすぎて、1日300gほど召し上がるようです。

1日300gは、年間で約109kg、一般の人の約2倍食べているとのこと。

大食漢ですね。笑

普段の奥様は、試合に勝っても負けても「おかえり」や「お疲れ様」など、普段と同じ様子。

そんなところが良いと話しています。

それが自然体で一緒に過ごせる秘訣なのかもしれませんね。

また、Wリーグの田中利佳さんとも仲が良いようなのです。

どうやら同じ世代で千葉県出身ということで意気投合でもしたのでしょうか。

仲の良いバスケ仲間がいるのは良い意味でも切磋琢磨できるから良いですよね。

石井講祐はサラリーマンだった!?

石井選手はなんと!富士通の営業マンだったそうです!

「脱サラ」後のプロバスケの世界は相当の努力が必要ですよね。

大学を卒業して富士通に就職し、同社の実業団チームでバスケットボールを続けながらも、平日昼間はサラリーマンとして通常業務についていたという。

大好きなことであっても、人と違う道を進むのは並大抵の努力ではなし得ませんし、満足感も得られません。

ましてや、石井選手は本当にバスケの選手になれたのですから尊敬に値しますよね。

その原動力は、やはり「バスケが好き」だからなのだ、そうです。

25歳でトライアウトを受けて練習生となり、チーム以外での練習もあったので時間的には忙しかったですが、バスケ一色の生活は苦しくも楽しかったですと笑顔で取材を語るのは、努力の人の証なのかもしれません。

スポンサーリンク

石井講祐のバッシュは?


(https://bit.ly/2leBkIR)

石井選手は、アシックスを履いているようですね。

GELTRIFORCEなのではないでしょうか。

背番号も入っているので特注ですかね?

かっこいいですね。

石井講祐プロフィール

ではプロフィールの紹介です。


(https://bit.ly/2mLTfqE)

名前:石井 講祐(いしい こうすけ)
生年月日:1987年9月29日(31歳)
出身地:千葉県
血液型:B型
身長:182cm
出身校:船橋中→八千代高校→東海大学
所属チーム:富士通にサラリーマンで入職
練習生契約で千葉ジェッツ(2013-2014)→千葉ジェッツ(2015-2019)→サンロッカー渋谷(2019-)
ポジション:シューティングガード

中学時代は150cmと決して恵まれてはいない身長でしたが、父が180cmあったため「きっとでかくなる」と楽観的に、しかし将来をこのころから見据えていたのでしょう。

インターハイを目指すために八千代高校へ進学します。チームがインターハイとウィンターカップでベスト16まで勝ち上がった2年生の時にプレーする機会が少しずつ増え、3年生になるとスコアラーとしてチームを牽引する選手へと成長していました。

「負け」は許さない、次へつなげる精神を両親から学んでいた石井選手は、バスケの強豪校の東海大学で、大きな壁を感じつつもプロへの夢は捨てませんでした。

ただその裏腹、「勇気が持てなかったから」という理由で教員免許も取得し、プロへの夢が絶たれた場合に備えていた様子。

しかし社会人となりつつ、プロへの夢を捨てずにバスケ続けた生活は今の石井選手の礎にもなっています。

「営業は商談を成功させる。

額はいろいろあるのですが、ゴールに向かって営業はだれをアサインして、専門の人を呼んでとか、全部スケジュールを立てなければいけない。そういう習慣はプロのバスケットボールでもシーズンのゴールだったり、チームとしてのゴールだったり、自分のこうなりたいというスキルの部分とかも予定を立ててじゃないですけど、目標をしっかり立てて1個1個クリアしていくみたいなことはつながっていると思います。」

そして、2014年1月、26歳になっていた石井は千葉ジェッツと正式にプロ選手として契約しました。

シューティンガードなので、ガードを得意とする選手ですが、3ポイントの精度も高いです。

おにぎり王子は、3ポイント王ともいわれています。

ではプレーをご覧ください。

石井選手は人生の一瞬一瞬を楽しめるメンタリティを身につけ、プロバスケットボール選手としてのキャリアを構築してきたのですね。

スポンサーリンク

まとめ

・結婚しているが、子どもはいない様子

・おにぎり王子と名称がつきそうなほど、おにぎりが大好き

・バッシュはASICS

・バスケ選手の前は富士通での営業マンであった

人には色々なキャリアがありますが、石井選手の紆余曲折は、すべて繋がっていますよね。

社会人になったからこそ得られた具体的・明確化した目標や、営業マンで得られたメンタル面などバスケにもしっかり通じています。

たくさん良いプレーをしても、1つの悪い点があるとそこにばかり集中してしまい、良いプレーをおざなりしてしまいますが、石井選手は良いプレーも認めたうえで修正・課題点へ取り組むことを学んだと取材で語っていました。

これは人生においても言えることだなと感じます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です