八村塁のバッシュや家族構成は?高校などwiki風プロフィールも紹介!

毎年Bリーグには有望な選手が入団してきます。

日本国内では海外で活躍している選手にはBリーグ各球団がスカウトを行なっています。

アメリカのゴンザガ大学に在学中の八村塁選手もその中の一人で、NBAからも注目を集めています。

そこで今回は「八村塁のバッシュや家族構成は?高校などwiki風プロフィールも紹介!」と題して、をご紹介します。

どうぞ最後までお付き合いください。

八村塁のバッシュは?

最初に八村塁選手のバッシュについてご紹介します。

八村塁選手は、以前アンダーアーマー製の「カリー3」を履いていました。

カリー3は八村塁選手だけではなく多くの選手から支持を受けているバッシュで、素足の様な感覚でコートの中を動き回れるバッシュです。

素足の様な感覚だけではなく優れたクッション性もポイントで、走る速度に合わせて吸収性と反発性が変化します。

さらには足首をしっかりホールドしてくれるので、激しい動きにも対応できます。

 八村塁の家族構成は?


(https://bit.ly/2Q4KNRc)

続いて八村塁選手の家族構成についてご紹介します。

八村塁選手は、マレーシアのペナン島出身の父親と日本人の母親の間に生まれました。

また弟は八村阿蓮選手で、同じ明成学園に在学している事でも知られています。

妹は八村安美菜選手で、中学生ながら身長172㎝と将来有望な選手です。

ちなみに、兄弟全員が明成学園に在学している事でも知られていて、学園内では多くの生徒が八村兄弟を慕っています。

スポンサーリンク

八村塁プロフィール


(https://www.nikkei.com)

最後に八村塁選手のプロフィールについてご紹介します。

八村塁選手は1998年2月8日に富山県で生まれました。

身長204㎝・体重107㎏と立派な体型で、中学生からバスケットボールを始めました。

中学校卒業後は宮城県の明成高校へ進学して、高校選手権優勝などの成績を収めました。

高校卒業後はアメリカのゴンザガ大学へ進学しました。

大学在籍中からその才能は注目されていて、ダンクコンテストが話題になりました。

その時の動画がこちらです。

日本代表にも選出されていて、多くのプロ球団から注目されています。

まとめ

・アンダーアーマー製の「カリー3」を履いていた

・ペナン島出身の父親と日本人の母親の間に生まれた

・弟と妹も同じ明成学園に在学している

・ダンクでも注目されていて、高い身体能力も魅力の一つ

今回は「八村塁のバッシュや家族構成は?高校などwiki風プロフィールも紹介!」と題して、バッシュや家族構成、プロフィールなどをご紹介しました。

将来の日本のバスケットボール界を引っ張る逸材として注目される八村塁選手。

これからの活躍から目が離せません。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です